緑釉が薄っすらと掛けられたやきもの、呂宋(ルス)織部。

古くから緑色陶器は人々に好まれたもの。
江戸後期の瀬戸で生まれたルス織部も、そのような意識を基に瀬戸の高度な技術で生まれた当時のヒット製品だったようです。



歌麿の浮世絵の中に描かれていたり、ハイカラな「ルス」という響きの色鮮やかな焼き物を江戸の人たちはどの様に感じたのか。
斬新な印花や貼り付けの施文もニューウェーブだったはず。



輪花に線刻に印花瓔珞と、、盛りだくさんの装飾には磁器づくりへと移行する前の瀬戸の新製品陶器への試みや想いが見てとれるようで、グッときます。

緑の色が深く濃くでた織部色と、今回の皿のように淡く薄い若草色もありますが、僕は若草のウスアジ派です。筍の焼いたのとか、これからの器に。  



呂宋織部輪花皿 22cm 江戸後期-江戸末









琉球の古陶、荒焼と呼ばれる焼き締め陶器の壺です。おそらく壺屋焼の南ぬ窯などの那覇周辺で作られたものかと思います。 

このように比較的に小ぶりな甕は、お祝いや贈り物用の酒甕として用いることもあったそうです。耳付きの甕が多い中、耳もなくコロンとゆがんで丸みある姿には古格と愛嬌を覚えました。



近頃、琉球のやきものに触れる機会が不思議と多く、沖縄の独特な風土が産んだしなやかながら力強い工芸に惹きつけられつつあります。


古壺屋荒焼酒甕 30cm高
売約済み







敷き詰めた折れ松葉が、中心を菊の花へと結んでいます。

冬の庭を霜から保護する、“敷き松葉”を幾何学的に文様化したのでしょうか。
きれいに割れてしまったものですが、風情ある模様に心をひかれました。



古伊万里敷松葉文皿 19cm径 元禄頃
売約済み







瀬戸周辺の台付鉢

見込みは灰釉がやや白濁した色合いですが全体は青磁を狙った御深井釉寄り,銅器を模した形は、寺院の儒祭の祭器である脚付盤を連想させました。




側部には鎬が施された丁寧な造り、食器では無く小ぶりな什器だったのでしょうか。

幕末になり、御深井前期の祭器を写した部類なのか果たして判りかねますが、見慣れた土味の見慣れない器形から想像する余白は思ったより大きく、楽しく思います。


鎬文台付鉢 江戸後期頃 20.5cm径 6.5cm高








立春

目を凝らすと顔があるような気がしてきた蝶と、窯割れも茎と化す草花。


初期伊万里陶片 蝶々と花
ともに売約済み





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com