ヨーロッパの調理道具としての焼物類

緑釉と黄釉の耳付鉢は19世紀の北フランス産、牛乳やスープを暖めたりする鉢兼用の土鍋のような役割だったと思います。
スリップの螺旋模様の皿は、オムレツを調理する際に蓋の代用にもなり、食器としても並べた南フランスの焼物。

それとほぼ同形状の左の無地の皿は、この中では最も時代は古く、オランダ17世紀頃のもの。その頃から同じ用途として使用されていたのか、分からないのですが不思議と中心の窪み方や高台も似通っています。

すべて裏側は無釉で、耐火皿や調理道具として生活の傍で活躍してきた器です。
目白コレクションに出品します。








白丹波とフランスのマグ

共に、表(白)と裏(茶)の二つの顔がある焼物。径21cmの白丹波は、食卓で重宝してくれそうな寸法です。

マグはキュノワール的な意匠を意識した類いか、外は薄茶の釉薬で内部は白釉。轆轤目と指のあとがハッキリと残り、速さを感じつつも不思議に雑ではなく、仕事の確かさがうかがえます。国も異なる2つから共鳴するものを感じました。
目白コレクションにて並べます。



白丹波中鉢 江戸後期頃











須恵器平瓶



あと2日間の営業を終えると、目白の準備に入り、出店、その後に買付のため渡欧。実質店舗は1ヶ月程の長期休業となります。

開店以来それだけ長いお休みは初めてなので不安もありますが、帰国後に控える催事や展示会に向けても、頑張らねばと思っています。


須恵器の平瓶。
丸みを帯びた小振りで緩やかな形です。
何かに似てると思っていたら、香箱座り(ネコの座法)する猫でした。
縁の欠けも猫耳にみえてきたり。

釉はほとんど残っていませんが、硬質な須恵の印象より土色と赤茶混ざりで、一時代古い土器の気配を残しています。
優しい形と色合いです。


須恵器平瓶 高13cm 幅12cm







御深井二種




御深井ふたつ。向付は、枯葉色へたっぷりと厚手に掛かる淡緑の釉薬が輝く江戸前期ごろの御深井。
この大振りなサイズは、各種のお酒から珈琲まで、日々使えて楽しめそうです。

徳利は時代下って幕末ごろ。口縁にぎりぎりに呉須が引かれ、首もとの染み具合はかけわけのような味わいとなってます。容量は一合と少し。来週開催の目白コレクションへ出品します。







御深井輪花向付 江戸前期
御深井徳利 幕末

目白コレクション出品







白磁面取瓶



白磁面取瓶。樹の枝のような亀裂ひと筋。残念ですけど、銀で辿って古いピューターと合わせて。

砥部焼の産地にて仕入れたものですが砥部系の一種か、鞆徳利の類いなのか、この周辺で手にする瀬戸白磁とは異なる雰囲気です。

この形状は、運搬の際に運びやすくしようとした為か、西洋のケースボトル等のガラス角瓶を参考としたものかと思います。
潔い面取りに、細い首元も際立っているようです。目白コレクションにてご覧ください。



白磁面取瓶 幕末-明治
ピューターカップ オランダ18世紀

目白コレクション出品








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



1月の休業日|
11(木)、12(金)、13(土)、14(日)、18(木)、19(金)、25(木)、26(金)









企画展 2018|

アンティーク&ブロカント目白
2月3日(土)、4日(日)
会場 gallery FUURO


黒白展
2月1日(木) - 2月12日(月)
会場 10watts f & g



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com