店舗を構えているのは、木造の古い擬洋風建築。この場所なら和洋隔てなく新旧も越えて好きなモノを紹介できるだろうと、やっております。

ですが、流石に古いゆえ環境の変化や気象に耐えられず、傷みがでてしまう状況が多々起こります。

そんな気象の影響により、破損してベニヤ仮補修のままだった踊り場吹き抜けの高窓をようやく修繕できました。
二階から落ちる陽射しは以前より増して、道具や花の見え方が幾らか明るくなったようです。


窓に嵌めたのは、新材のアクリル製。
歪みもあるので遠くから見ると昔のゆらめく硝子と錯覚するほどでした。

昭和初期の木枠窓の中へ巧く納めていただきました。
所々に傷みが出てきていますが、この建物の外観や内観の気配も損なわず、守りながら手直しして続けていきたいと思います。




コファーの上に乗せた十八世紀の白釉鉢。
冬に合う大きな雪の結晶のような器。ほぼ無傷で残ってくれたことに感謝です。



白釉八角鉢 フランス18世紀 30~32cm径 11cm高
売約済み



暖冬で梅も早咲き、風邪は治りづらいとも聞きました。春は待ち遠どおしいですが、季節は巡ってほしいものです。
民窯の李朝。よろめいた口辺へ白梅が上手く生きてくれました。


李朝白磁壺 李朝後期頃 w9.8cm h14.3cm
木彫怪獣図パネル フランス15世紀頃






1566年刊行 フランスの古書

宗教を軸とした国家の歴史が厚く綴られています。




背の花布(はなぎれ)は、出し入れする際に爪の当たりやすい部分でもある箇所を保護したもの。
淡い二色の糸を編み込んで丈夫に仕上げ、今はもう色あせていますが華やかな装飾性も意識した、つくり手の心にしみじみしました。




綴じ方や糊もこの時代の本は強固で、修復されながら今日まで長く残されています。
本の修復家は何処をどう直したか、書き記したそうですが、表紙の獣皮紙もくたびれながら丁寧な製本に内部は守られています。




貴重な書物の読み継がれた歴史が形となって現れていることに、静かに感動しました。
古い糸、紙、獣皮紙があわされば、これも工芸品とも呼びたくなります。


見過ごしていたことを親切に教えてくれた
製本家の友人に感謝しています。


フランスの古書 1566年刊






1/10(金)は平安蚤の市へ出店いたします。

出品する宮古島の土器です。
沖縄らしい茜色の肌に新春をみていました。
近世の作りであっても古代の匂いを残した琉球の土器が好きです。

この土器の特徴である波状文の下に、S字に走った彫り。
おそらく窯印ではなさそうですが、偶然にしては力強くて文様的。



勢いある線が清々しくて、定形の波状文に抗うような陶工のメッセージでもあったのかと深読みするほどに。


暖気のおかげで、1月にしては暖かい一日になるのではと思います。
出店場所は前回とほぼ同じ、参道沿いを神宮に向かって右側中央あたり(A-15)です。
是非お出掛けください。お待ちしております。


宮古式土器壺 28cm高 19cm径








ピグミー族のタパ。
樹皮繊維を叩いて貼り合わせて作られた裂です。

昨年の開催された展示、坂田さんの選んだ94枚も記憶に新しいタパ。腰巻きのようにも用いたそうですが、それ以外にも宗教や社会的機能も含めた、あらゆる生活の場面で使われたそうです。




そんなピグミーの人々は音楽も素晴らしく、ミニマムな五音音階は日本古来の童謡と重なったり、太古の記憶や胎内にいた時を呼び覚ますような懐かしい、ふしぎな感情へと誘われます。



タパの柄はいろいろですが、奇しくも今回の模様は五線譜のよう。
おそらく意図せずに濃淡の出た手描き具合も面白く、彼らの音楽の表れにも見えてきました。




そして、真の魅力は文様だけではありません。
手触り、肉厚な繊維のつらなりにもあると思います。
それはまるでパーチメントや獣皮紙のごとく、まだ生き生きと豊かな表情です。


ピグミー族のタパ
85cm×40cm





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com