スリップウェア深鉢。

ミルキング・ボウルと呼ばれる、乳牛から搾乳後にミルクを入れた甕のような役割の深鉢と聞きました。
バックリー産、アイルランドの地方でも製作されたようです。





気持ちのよい渦巻き文様。
茶色地に、黄色の発色もきれいに出ています。


スリップウェア深鉢 イギリス19世紀
w31.5cm h13cm 売約済み








アンティーク&ブロカント目白は無事に終了しました。沢山のご来場誠にありがとうございました。師走ながら、穏やかな天候にも恵まれた二日間でした。

「古民具と装飾」という少企画で臨みましたが、内容をもう少し深く掘り下げて、、また挑んでみたいと思っています。

その古民具と装飾で、お伝えしようと思いながら、具体的に未紹介だった品物をここで改めて紹介いたします。



フランスの子供用のコフレ。
英国のコファーのフランス版です。

過剰な装飾のない控えめな角形がすっきりと美しい木箱です。




金具の意匠と鉄味だけを見ると、17世紀に上りそうな深い味わいがありますが、木の材質や形状とのバランスから、おそらく18世紀の終わりから19世紀前半頃に製作されたと考えています。
或いは、鉄金具だけ残して、かなり古い時代のものを使い続けてきたものでしょうか。

鋲の形は、スペインの古家具の金具などにも同種のものを見た事があります。

これはフランス中央部で、コレクターから譲っていただいたものですが、もしかするとスペインの可能性もあるかもしれません。









潤いを帯びた生々しい鉄の質感は、古い鉄好きには堪らない雰囲気。
そして、裏面にはハート文様と勾玉のような彫り跡。
意味深な彫り装飾が、この木箱の不思議な魅力を高めているように思えます。




コファーの内部。キャンドルを入れたとされる、小さな区切りも残っています。
内部は良い状態ですが、底面には少し傷があり、隙間が出来ています。





金具はありますが、コファー上部に物を飾ること可能。
なかなかこれくらいの程よい大きさの木箱はヨーロッパでは見つかりづらく、重宝するサイズです。


チャイルドコファー フランス18世紀末~19世紀前半頃
54cm横幅 24cm奥行 25cm高











東洋を意識した、日本人好みなイギリスの色絵皿。
多色使いながら落ち着いた発色と、ほどよく力も抜けた絵に共感しました。



おっとりとした花鳥が、春を呼んでくれそうな焼物です。
無数にあるファイアンスの絵図から、好きなものを探すのは最近の楽しみの一つです。
アンティーク&ブロカント目白へ出品いたします。


色絵花鳥文皿 英国デルフト18世紀
22.5cm径

antique & brocante mejiro

12月8日(土) 12:00-19:00
12月9日(日) 10:00-17:00

会場 gallery FUURO
東京都豊島区目白3-13-5






オランダで暖炉の傍らに掛けられていた木と鉄製の鉤。
暖炉は調理場でもあり、多くの調理器具が吊り下げられてきたようです。



日々の使用で鉄と鉄がこすれ驚くほどすり減り、鋭く尖った先端。

こんな台所道具にも、西欧の装飾性が詰まっているようで、古びた姿に何とも心が動かされました。
今週末、古民具と装飾にてご覧ください。

会場にお越しになれないお客様から、通販でのご購入希望のお問い合わせをいただいております。
出来る限り対応しますので、出品予定の中で気になる品物がございましたらお気軽におたずね下さい。



壁付調理器具掛け オランダ 18世紀





大きなスコップ状の形に穴を開けたのは、塩漬けや酢漬けの魚を掬うのに用いたとのこと。



ギザギザの裏面も使って、おろし金の役目も兼ねていたのかもしれません。
その特異な形と、鉄味もとろんとした艶のある質感で、かなり古そうな匙、と感じました。

漁業の国、オランダらしい鉄の民具です。こちらも古民具と装飾にて。

縦にして眺めると、まるでフンデルトヴァッサーの建築のよう。


鉄製魚掬い オランダ18世紀頃


antique & brocante mejiro

12月8日(土) 12:00-19:00
12月9日(日) 10:00-17:00

会場 gallery FUURO
東京都豊島区目白3-13-5







猫好きとして嬉しい、猫モチーフの大ぶりな菓子型と出会えました。そして、ひっくり返すと反対側は犬という、猫好きも犬好きも満足な菓子型。



スペキュロスと呼ばれるジンジャーブレッドは西欧のクリスマス伝統菓子でもあり、この12月という時期には相応しい古民具とも言えそうです。





角も丸くなって、艶が出た黒い木味。彫り跡には、この前まで使っていたのか、まだ残っているクッキー。
にゃあ と鳴きそうな口もと。

猫と犬の顔をじっくりと見ては、ほのぼのとしてしまう、愛すべき素朴な工芸品です。
a&b目白の古民具と装飾にて。


スペキュロス菓子型 「猫と犬」オランダ19世紀
31.5cm高 19cm幅

antique & brocante mejiro

12月8日(土) 12:00-19:00
12月9日(日) 10:00-17:00
会場 gallery FUURO
東京都豊島区目白3-13-5




hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



11月の休業日|
22(木)、28(水)、29(木)、30(金)






企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com