秋の目白コレクションまで、あと三日。


古伊万里青磁八角鉢 江戸後期

秋の目白コレクション、三日後と迫りました。

品物が多すぎる?足りていない?
直前になるほど慌てて、思考も混乱しますが、なんとか梱包も完了。

車搬入なので沢山の品物を載せました。
什器や照明も詰め込んで、前回よりブースにも動きや変化を付けて、本田の店舗の雰囲気が少しでも出せればいいなあと思います。

出展品も、開場の段階ではおそらくすべて並びきらない物量です。
随時追加の品を加えながら、2日目までゆっくりと楽しんでいただけるように努めます。

今年の関東出展は、春と秋の目白コレクションのみ。
春の目白コレクションでは、通販のお客様や、お世話になっている色々な方と、はじめてお会いできて嬉し恥ずかしでした。

今回もこの貴重な機会を大事に。
いつもの方や新たな出会いも楽しみにして、皆さまのご来場をお待ちしています。


吹墨小皿
幾何学印判皿
暦手小碗
小紋柄縁反猪口

江戸期~大正頃


捻り模様徳利 大正頃
脚付杯 フランス18世紀


珠洲中壺 鎌倉時代

全て目白コレクション出品物









広島の鞆徳利。
無地の白磁でこんな小さな可愛いサイズを見つけました。容量二合弱。無傷で箱等のセッティングもしっかりした嬉しいものです。

愛嬌のある歪みの盃二つと。
片口のようにたわんだ江戸初期の志野の小碗と小振りで一癖ある高麗盃。

目白コレクションにてご覧下さい。






















志野小碗 10.8cm径 5.5cm高 江戸初期
高麗青磁象嵌盃 6.8cm径 5.6cm高
白磁鞆徳利 15.5cm高 2.8cm口径 江戸後期 (二合弱)

目白コレクション出品物







絵瀬戸波状文三ツ組鉢



目白コレクション開催まで、あと2週間と近づいてきました。

今秋は車での搬入予定。
大きめの品物や什器も運べるため、展示にも工夫を凝らせれたらと思いますが… 結局、いつものようになってしまいそうな予感。迅速に手際よく上手に並べる方は、ほんとに凄いなあと、いつも思います。

さて、出品物より紹介です。

春に出品した絵瀬戸の輪線鉢とも通じますが、波状文様のこんな鉢があるとは、驚きました。

蛇の目風の鉄絵に波状文様を描いた輪花三ツ組鉢。
たくさんの要素を盛り込んでいながらにして、不思議とくどさはなく、粋な日常使いしたい器です。
渋さのなかにも遊び心ある、珍品ではないかと思います。






絵瀬戸波状文三ツ組鉢 幕末~明治 無傷

目白コレクション出品物





琺瑯製八角皿



10月7日(土)は店舗をお休みさせていただき、星月夜へ在廊いたします。

「いとをかし」への出品数は150~200点程。
西洋物を中心に、というリクエストを頂き8~9割が西洋の品物となりました。



出品物から仏産の琺瑯角皿。古手で下地は分厚く、錫白釉のように鈍い不透明感のある白色。琺瑯は軽く丈夫で水にも強く、茶菓子用のトレーや酒器のお盆などにも向いていると思います。

明日は12時開場、星月夜2階ギャラリーにてお待ちしています。


琺瑯製八角皿 フランス19世紀






砂糖の鋏と鉄箆



砂糖を摘み砕くハサミと、調理用鉄箆。
砂糖の鋏は、時代やお国柄でも形状が変化していきますが、こちらはフランス19世紀と思われる鋏。
刃先や随所のカーブに留め具。細部までが、ひとつの道具の形としての妥協が見えません。

隣の箆はクレープ等の返しとのこと。
ぺらぺらに使い込まれた紙のように柔らかな鉄味が心地よく。鋏と同時代フランスの道具。

無骨でかわいさにも欠け気味の、お菓子の道具ともちょっと言い難いですが… 今展のお話いただき現地フランスで見つけた個人的にお気に入りの品です。

星月夜の「いとをかし」へ出品します。


砂糖摘み鋏
調理用鉄箆 共にフランス19世紀








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



9月の休業日|
7(木)、8(金)、14(木)、15(金)、 21(木)、25(月)、26(火)、28(木)、29(金)









企画展 2017|

「東西筒物百景」
9月16日(土) – 9月24日(日)


「目白コレクション」出店
10月21日(土)、22日(日)
会場:目白 椿ホールB1F



山本美文 木工展
11月3日(金)〜



小澄正雄 ガラス展
12月中旬予定








お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com