裏庭に二本のブルーベリーを植えました。
"自家不和合性"というブルーベリーの性質により、個体では実が育ちづらく、二本以上を近くに植えることで、果実も大きくなり収穫量も増えるとのことで、二本植樹。
収穫はまだまだ先になりそうですが、今のところ元気に育ってくれています。




写真は、フランスよりブルーベリーを収穫する際の道具。




櫛のようになった箇所で、ブルーベリー畑を掬うと、果実が内部に入る仕組みです。

ちりとりのような形状で背に持ち手が付いた、もっと大きなサイズもありますが、これはハンドルも備えていない小型。
片手でも持ち握りやすくする為か、軽い木材で簡素に作られています。

模型のように組み上げられ、櫛の刃の部分は鉄棒がざっくり並ぶ。虫食いも程よい景色を与えています。

用途に忠実ながらも、軽みとユーモアを残しているのはフランスらしさだと思います。
花器ともならず、ですが、傍に置いて、角度を変えつつ、眺めてみる。

箱型に鉄線が並び、弾けば良い音が響きそうで、古い民族の楽器のようです。



ブルーベリー収穫道具 フランス19世紀 19cm高×9cm幅 売約済み











Pieter de Hooch "interieur met kind die een papegaai voert" (1672)

ブリューゲルの影響から派生するオランダ絵画の黄金時代と呼ばれる17世紀オランダやフランドル地方の宗教色少ない風俗画は、当時の生活様式や習慣を知れる他国にはない独立した貴重な絵画です。

日本でも浮世絵では日常生活が伺えますが、写実的なオランダ絵画には、細密に内装から家具、生活道具までを把握することができ、扱う品物がひっそり描かれていたり、緻密な絵画世界には新たな発見が常にあります。


webで紹介中の黄釉面取容器はオランダ17世紀に鳥の餌入れとして使用された陶器。縁の下部を紐などで括り、小振りな鳥籠の金網に、平らな面を背にして付けられていたようです。

当時のその様子が、上記Pieter de hooch等の17世紀オランダ絵画でも確認できます。



Gerard Dou "Old Woman Watering Flowers" (1660)

Gerard Douの絵(1660年)に登場している餌入れは、釉薬の色味も形もほぼ同型です。


Gerard Dou "Femme accrochant un coq a sa fenetre" (1675)

ヘラルト・ドウの絵画で好まれたモチーフなのか、その他の幾つかの作品でも、似た窓辺や人物と構図に、同じ鳥籠と餌入れが描かれています。

この形の餌入れも、一体どれほどの数量が生産されたのか、当時の鳥を飼う習慣や人との関係性も、興味深いものです。



はっきりと描かれた、壁面のホワイトタイル、ピューターや白釉陶器も、暮らしのなかにある姿を見て、その時代の物が手元にあると思うと、やはり胸に迫るものがあります。















グラヴュール縁反草文盃。
髪の毛の線ほどの消え入りそうな細い一筋の蔓に、葉が描かれています。

底面は丁寧な仕上げ、鉛量は多く、手取りはずんとした重み、弾けば響きます。

小型で縁反の形に、陶器のような歪みの面白さが加わり、手のひらであそび楽しみます。

描いているのか、描いていないのか、
生きている線の運びがあり、
細くとも伸び伸びとして、凛々しく、その頃が刻み込まれています。





グラヴュール縁反草文盃 明治後期 5,5~5,8cm高 5,5cm径













この縁反型のガラス容器には、蝋燭を入れて、主に修道院や室内の重要な灯具として用いられたようです。
この容器も水色や緑色と、濃淡で印象が異なり、微妙な塩梅のごく薄い緑と、無色のものを選びました。
手吹きで大量に手早く製作されたのか、その速さすら感じるふわふわした揺らめき具合。

盃として転用するのに程良いサイズ感です。隣はコニャック用酒瓶。おそらく20世紀に入るものですが、素直な姿だと思います。





釣燭台用ガラス容器 フランス18世紀









以前にwebで一度、紹介したことのあるものと同手の白釉染付双耳瓶。
この形は、なぜか扁壺型が多いのですが、今回のものは、きれいな丸型。
サイズもこの種では小振りで、徳利や花器にも良さそうです。

中央の"B"は名前…?
花や文様、イニシャルが描かれていたりしますが、潔くBの一文字。





白釉染付双耳瓶 フランス18世紀 15cm高 売約済み



同じく18世紀の白釉染付。
青花(鈴蘭のような)が描かれた、卓上で使用したインク壺です。
中心の墨入れは失われています。
東洋の雰囲気があり、李朝や和物の側に置いても、違和感なく馴染みそうです。


白釉染付インク壺 オランダ18世紀 売約済み






帰国間際、借りていたアパルトマンを出発しようと扉を開けると、一匹の黒猫が座っていました。
二週間近く滞在していながら、まったく猫の気配もなかったのに、どこから突然…
見下ろすと、更にもう一匹。二匹とも美猫、かわいい。

帰路の無事を願って見送りにきてくれたのでしょうか。その場から離れがたくなってしまいました。

扉を開くとかわいい猫。
滞在中で最大の驚き。一番大きな声を出したでしょう。

"気をつけて帰れよ" というメッセージと受け取り、感謝を伝えて別れました。
ご飯もあげれずに、ごめんよ。また会いましょう。









hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




6月の休業日|
8(木)、9(金)、15(木)、16(金)、 22(木)、23(金)、29(木)、30(金)




企画展 2017|

宮武 史郎 彫刻展
3月11日(土) – 3月22日(水) 


MAROBAYA 衣服展
4月28日(金) - 5月7日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com