早朝に仕入れへ出掛けようと、目覚めると湿度は低く、ひんやりとした空気。ちょっとヨーロッパに居るような気分。秋は近くなり、熱い珈琲も更に美味しい。



絵唐津の大きなかけら。葦の草が、幽玄に秋の風に揺れているような。団子やおつまみ乗せて、お月見の似合いそうなかけらです。


絵唐津大皿陶片 桃山 19,5cm 売約済み







お盆中も通常営業しています。
旅行や帰省がてら、お立ち寄るくださる方々。この猛暑の中、とても有難いことです。
年に一度しか会わなくても、その時に話した内容や出来事を、不思議とよく憶えていたりします。



弥生土器小壺 9cm高 9cm幅
南仏色絵双耳鉢 18~19世紀 10,5cm径 18,5cm幅

棚に置いた南仏色絵鉢は、小振りなスーピエール(スープ用取り分け小鉢)。

使い込まれた肌合い、双耳もしっかり付けてぽってり丸々と、変わったフォルム。花器やその他道具、見立てると面白く使えそうです。

この数日で暑さも少し和らぎ、秋の気配ある器や道具にも、段々と意識がむかっていきます。


手付時代菜籠 37cm幅 30cm高 売約済み










例年は二週間近い夏季休暇をいただきますが、今年の八月はほぼ木金定休のみです。というのも、9月早々より欧州買付の予定で、また丸1ヶ月ほど店舗を休業いたします。
あまり長く休んでばかりもいられないと思い、、8月は通常営業します。

出掛けるのも躊躇う酷暑ですが、夏休みや休暇のタイミングに合いましたらぜひお立ち寄りください。

昨日昼過ぎに近所の商店街では、暑さに耐え兼ねてか、、山から猿が下りてきて出没する騒動。異常気象に動植物も危うさを伝えている現実。夏の暮らしや生き方を、考えてしまいます。

そして今日はまだ涼しい内に、早朝より仕事へ。朝の店内にて。



古伊万里白磁蕎麦猪口


果物収穫用把手付籠 フランス20世紀前後


黒釉林檎酒保存瓶 ノルマンディー地方18~19世紀







ワインの為の小机



フランスのワインテーブル。
お酒やお茶を何処でも気軽に楽しめる、片手でも軽く持ち運べる位の簡素な小机。
脚部を含めた全体の装飾は控えめ、若干歪んでしまった天板も味に思えます。夕涼みがてら庭やベランダで一杯、そんな時間も良さそうです。













扁壺のガラス瓶と一緒に乗せた阿蘭陀茶杯は、幾分小さめな愛らしいもの。





そのエキゾチックで細かな絵柄の中にも、正装した紳士と淑女がこのワインテーブルのような小型机を使い、庭でお茶をしている風景が描かれています。
昼下がりに向かい合い、尽きない話を延々と繰り返しているような、気がします。


ワインテーブル フランス1900年前後 50cm高 27,5cm径 売約済み
扁壺型紋章ガラス瓶 フランス18世紀頃 12,3cm高
阿蘭陀茶杯 19世紀頃 5,8cm径 3,3cm高 売約済み







硝子瓢形根付




黄色い虫の羽根風の色硝子を閉じ込め、水に満たされているような硝子根付。浴衣や夏の和装に帯からさがて歩けば、さりげない涼やかさを与えてくれそうな、おしゃれ道具です。


薄瑠璃色古硝子瓢形根付 江戸後期~明治頃
売約済み







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



6月の休業日|
5(火) 〜 15(金)、21(木)、22(金)、28(木)、29(金)

出店のため6月5日(火)から15日(金)迄,休業します







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com