現時点は短縮営業となり土曜から火曜の週4日間,12時~17時までとしています。
よろしくお願いいたします。

自粛中から和室での撮影が増えましたが、和洋折衷なこの空間は、やはり東西の区分なく物を平等に観れる気がします。
特別に感情的な理由でもなく。

空襲を受けた岐阜中心地では稀少な折衷木造建築を、存続可能な限り自分たちの仕事と重ねながら守っていきたいものです。









琉球の古陶とアフリカの樹皮布

沖縄から遠く離れたピグミー族のふんどしをバックに、座するは琉球の古壺。
産地や時代が異なっても、共通するおおらかな空気で寄り添っているような、風土の色濃い生活必需品です。

壺は“壺屋焼”の荒焼と呼ばれる水甕や酒瓶などに用いたもの。壺屋は17世紀に開窯されていますが、これは比較的に初期に焼かれた壺と思われます。ニュウがありますが、小振りで形も愛らしく飾りやすさが魅力です。

古い樹皮布は水に溶けてしまう、と文献にありましたが、溶ける前隠しってなかなかのモノです。小さめですが図柄も生き生きしており、和室でも違和感がありません。

そういえば、どちらも音楽文化が豊かな土地柄。音数の少ないピグミーも、五音階の琉球音楽も、環境や思想から派生していった美しい民族音楽。

ここでどちらの音楽が流れたとしても、きっと融和する空間となりそうです。


古壺屋荒焼甕 24cm高 売約済み
ピグミー族のタパ 64cm×27cm








おかげさまで大暑の日に開店10周年を迎えることができました。これまで支えていただいた方々へ心よりお礼申し上げます。

そこで十年間集めた物というほど仰々しいものではないですが、こつこつと集めてきた道具の展示会を行うつもりでした。

無期限延期となりましたが、またいつかそんな機会を待ちたく、今は疫病退散を思い、できることを続けて参ります。11年目もどうぞよろしくお願いいたします。



この朽ちかけた梯子は、展示会に出品予定だったもの。

半円状の二本の樹に削り出した木棒を差し込んだだけの南フランスの簡素な梯子。

今にも崩れそうなのに、これにホントに昇って果物などを収穫していたの?
と、不思議に思えてきますが、おそらく身近にある材料で、家庭で日常用としてこしらえたもの。

木は朽ちて揺らぎつつ上に昇る姿が、まるで祈祷用の祭具か何かに見えてしまうのは、僕の思うフランス的な木工の面白みです。





実用的な木工品がもろくて破損しやすいのは、理想ではありませんが、どこか許されてしまうような軟らかさも潜んでいます。

家具や木工として優れていないからと、切り捨てず、頭をひねって使い途や在り方を探してみるのも道具屋の仕事。


かつてブランクーシがアトリエで葡萄酒圧搾機の木棒にインスピレーションを得ていたように、用途に健全でいて、且つその土地ならではの風土に育まれた木の道具や大きな農具には、彫刻家の作品と同質に、こちらの心に響く力があるように思えてきます。


とりわけ梯子は神聖であらゆるものの通る道、繋がりと往来のイメージには好感があります。

梯子を昇った先にyesと書かれていたら。

現在はどん詰まりではなく、肯定するように先へ繋ぐ仕事ができればと願っています。




梯子 フランス19世紀 192cm

ceiling painting.
war is over.










蝉の声が聞こえはじめました。

片身替りのデルフトタイル。
塗りむらは景色となり、雨模様や海の水平線のよう。本来は壁面で4枚あわせ青の正方形をつくり、集合して市松文としたものです。

一枚で見ると簡潔なデザインですが、文様の一部ともいえる役割を担っており、それゆえ余分な飾りも無く、職人仕事的な手早い塗りが好ましいです。
板皿として、涼菓や夏の果物が映えます。


四枚目写真にこの海のタイルと合わせてCDの「海の日記帳」を。


海の日記帳 | 三善晃


夏を迎えるピアノ小品集。
いまは店でこればかり流れています。

この作品ですが、なんと僕が生まれた同年同日‼︎
そのたった1日で録音された音楽です。

勝手に自分の誕生に捧げてもらえてような気がして、不思議な縁を感じています。
音と共に、その時代その日の空気を想う。
過去と現在を繋ぐ、ピアノの音色。



「私は私のピアノで、私の言葉を語る。
これらの小品は、自分の大好きな海の、イメージの風景画、あるいはソネットである。」

作者による解説文より



素晴らしい作品を教えてくれたCD shop SONGS の鬼頭さんに感謝です。



片身替デルフトタイル 18世紀
売約済み









2年半前の山本美文展の初日。

haruka君は休むことなくピアノの弾き続けてくれました。
その風景を山本さんがしたためた詩。

「隔たりのない世界観」という言葉が、
いまは何と、なつかしく、こみ上げてくるものがある。


本展で実現できなかった二回目のコラボ。
次はかならず行いたい。

瞬間を奏でる人と、木から生みだす人との対話。
その未来の構想が、ぼんやりと僕の頭の中に浮かびはじめた。
忘れないうちにはやく三人で話しあいたい。








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com