オランダ産のマジョリカ陶器。

南欧から伝わり、その地の伝統や明るさを持ちながらネーデルラント地方の寒い冬の色も僅かに混在する器。

二つの風土の特性が自然と出た意匠には、妙に安心を得てしまうのです。




昨年の春に出掛けたイタリア。
本場のマジョリカ陶器を、中世のものから現代作品の工房まで観て触れることが出来た。
この春も、イタリアやオランダへ普段どおりに行けるとばかり思っていた。


あの歴史ある国へ、世界の人々がまた多く訪れられるようになることを、心の底から願う。

薄紫の花の欠片を夕暮れの和室へ。


ダッチマジョリカ陶片 17世紀前半 15cm径 2.2cm高
売約済み









灰釉がほぼ剥げ落ちて、まろやかな膚と形のよく出た段皿。




そのおかげではっきりした轆轤目や指の痕跡が景色とみれて楽しい。
平安のビスケット膚。
茶菓子を乗せてどうぞ一服。




(現状で使用出来ないことはありませんが、素焼に近い軟らかい状況と、ニュウ,縁に欠損もあり参考品としてお考えください。)


白瓷灰釉段皿 平安時代 11.4cm高 2cm






工芸青花十三号が刊行されました。
精華抄にて中世刺繍画をご紹介いただいています。

さて、その頁の文中に登場するシェル・シルヴァスタイン。

シルヴァスタインといえば、「ぼくを探しに」は、子どもの頃に図書館で何気なく読んでいた絵本。

the missing piece。
いつも足りないものだらけ。
どうやらぼくも間違ったカケラをはめていて、歌うことも忘れて転がっているところを佐藤さんに諭されて、これからもう一度、昔作ったヘタな歌でも思い出して歌いつつ転がれそうかという心持ちに。
ランランラン、初源QCを考えながら。









色調のやさしい手紡ぎ糸を織り重ねた古の木綿,丹波布。
経緯糸ともに失われつつも、まだ形を留めてくれています。



和洋を問わず器物を包むのに、丹波布は重宝するので端切でも使えそうと思いましたが、暫く、このまま掛けて観ることにしました。


茶地縞丹波布 168cm長 明治









白珉平五寸皿

彩画のない無地白珉平焼。
黄色や緑で同形を見たことがありますが、白の無地平皿は今回はじめて扱います。
 




軟らかな土質と薄造りで、明治期に輸出が始まる以前の江戸期の珉平焼でしょうか。古い珉平のうつわを重ねたときの、その特有の軽やかな音が好ましいです。




嬉しいことに五枚組で残ってくれたので、今のところはこのまま離れさせずにお売りできればと思っています。
貫入と染みのつくった景色は言うまでもなくですが、五枚そろって浮かぶ一つの景色もありそうです。


売約済み






hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com