現在webのトップにある白薩摩香炉。
蓋を外してフランスや灰釉の器類と並べてみました。
(金属蓋は後年に製作されたものですが、非常に良い出来です)

用途を限定して単体で眺めるのも美しいのですが、
場所や隣り合うものとの関係で、別の姿が浮かび上がるようです。
この香炉も拡がりと幅のある器と感じています。

ここでは隣にある灰釉の器を紹介します。






無地灰釉小皿 明治頃 10.5cm~11cm径 2.2cm高 売約済み

焼成加減で色の出方がグラデーションのように様々です。
瀬戸か或いは信楽か、、不明ですが関西で見つけたもの。
各地民窯でもこんな無地灰釉の素朴な器を沢山つくっていたと思います。
よく出てくる瀬戸の豆皿より大きめです。







無地瀬戸灰釉碗 大正−昭和頃  売約済み

手取りもずしりと重量あり、土は厚くころんとしたボウルのような碗。
灰釉の色味も味わいがあり底も変わっていて不思議な印象。コーヒー、お茶など普段使いに合いそうです。






hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




6月の休業日|
8(木)、9(金)、15(木)、16(金)、 22(木)、23(金)、29(木)、30(金)




企画展 2017|

宮武 史郎 彫刻展
3月11日(土) – 3月22日(水) 


MAROBAYA 衣服展
4月28日(金) - 5月7日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com