根来筒型蓋物



碁石を容れたという根来の蓋物に、似合う花を探して、農協や花屋に園芸屋と沢山廻って、理想の白侘助がやっとありました。

葉の大きさや艶の具合、蕾の開き方、枝ぶり、虫喰い… 皆違う花。
頭の中にある、(形)を生き物で探すのだから、到底それは無理なこと。
それでも、惹かれ合うような、"いれもの"と花の相性はあるでしょう。


椿の種類は1000種以上、この花を見つけた園芸屋さんは、盛期は200種以上を置いたと言います。茶花について色々教えてくださいました。


蓋にも亀裂が入り、器も欠けている根来。
朽ちてうまれた自然な姿。力強い。


根来筒型蓋物 江戸期








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



9月の休業日|
7(木)、8(金)、14(木)、15(金)、 21(木)、25(月)、26(火)、28(木)、29(金)









企画展 2017|

「東西筒物百景」
9月16日(土) – 9月24日(日)


「目白コレクション」出店
10月21日(土)、22日(日)
会場:目白 椿ホールB1F



山本美文 木工展
11月3日(金)〜



小澄正雄 ガラス展
12月中旬予定








お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com