フランスの白錫釉注器と受皿



目白コレクション、いよいよ近づいてきました。今回の案内状には様々な"白"の焼物が載せられています。自分も好みの白を、色々とお持ち出来ればと思います。

白錫釉注器と受皿。18世紀フランスのオイルとビネガーサーバーです。(同手の受皿が目白コレクション案内状表紙にも、ありました)
脆い軟質陶器ですが、ほぼ傷が無く、釉薬の調子も気に入っています。

脚元から胴部への膨らみ、細く長い首までの姿形は、シンプルでエレガントな美しさがあり、とてもフランス的だと思います。

数も少ない無地白釉サーバーですが、よく目を凝らしてそれを比較をすると、一つ一つの形の違いが案外あることに気付きました。

希少性に気を取られていましたが、やはり手作りによる焼物。無地で真白だからこそ、個々の個性が際立つところでも、あります。


白錫釉注器と受皿 フランス18世紀








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




8月の休業日|
3(木)、4(金)、10(木)、11(金)、 17(木)、18(金)



夏期休業

8月21日(月)から9月1日(金)まで
休業とさせていただきます。




企画展 2017|

「東西筒物百景」

9月16日(土) – 9月24日(日)




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com