印判猪口各種。
幾何学紋様の猪口(湯呑)色々です。
砥部焼系統の産地あるいは伊万里焼かと思われます。
状態も良好なものをまとまって仕入れることが出来ました。

磁器染付を扱うことは少ないですが、こんな幾何学模様の猪口なら普段使いしてみたいです。分厚めの高台と、焼成具合で若干たわんだ愛嬌ある姿も味わいがあり気に入っています。

数がありますので目白コレクションと、京都ふるどうぐ市の両催事へお持ちしようと思います。





幾何学紋様印判猪口 各種 明治期









hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




6月の休業日|
8(木)、9(金)、15(木)、16(金)、 22(木)、23(金)、29(木)、30(金)




企画展 2017|

宮武 史郎 彫刻展
3月11日(土) – 3月22日(水) 


MAROBAYA 衣服展
4月28日(金) - 5月7日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com