小型の白デルフト薬壺。まるで高台を備えたような、意図せずとも盃の形となった小壺。

クリームポット、いわゆる軟膏容器として生産されたものですが、年代による器形の移り変わりや、色味も発掘による土壌での変化あるもの、色絵などと多種多様にあるので、自分と合う、好みの軟膏容器を探してみるのも楽しいです。

こちらも元々、下部を小さく製作した容器と思われますが、焼成具合も含めて歪んだこの独自な形になったのでしょうか。

盃にぴったり。で、希少性もあり人気がありそうです。
ですが、僕はそれよりも、どちらかといえば、この形と質感や存在そのものに惹かれています。盃としてだけでなく、眺めるだけでも、色々と。



白デルフト薬壺 17世紀後半~18世紀初頃
目白コレクション出品予定





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




6月の休業日|
8(木)、9(金)、15(木)、16(金)、 22(木)、23(金)、29(木)、30(金)




企画展 2017|

宮武 史郎 彫刻展
3月11日(土) – 3月22日(水) 


MAROBAYA 衣服展
4月28日(金) - 5月7日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com