衣服と布の展覧会 MAROBAYA 展示会は無事終了しました。連休中にご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

彼らの独得な服の置き方をご覧いただいた瞬間に、四年前の展示や、もっと山際にあった頃の旧店舗(日本家屋や畳の上)を憶い出していただく方も多く、それは嬉しいことでした。

服が仕上るまでの工程や製法を最低限だけ伝えて、あとは触れたり、はおったりしてください。と、だけ言い、彼らは黙って静かに隣に立っています。
もちろん、全て手間暇をかけてつくられた衣服で、話せば、ながく伝えることもできるはずです。

気配は,言葉にないものや、言葉のまえに宿っているからかもしれません。
服にただ触れて、はおって、感じてほしいというのは、ある意味では誤解も招いたり難しく大変なことです。一貫した彼らの姿勢は、突き刺さるものがあります。

深々と建物にまでお辞儀をして去った彼らを、僧のように思いました。4年前と同じ景色でした。またいつか、かわらず、開催できればと願います。
















hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




6月の休業日|
8(木)、9(金)、15(木)、16(金)、 22(木)、23(金)、29(木)、30(金)




企画展 2017|

宮武 史郎 彫刻展
3月11日(土) – 3月22日(水) 


MAROBAYA 衣服展
4月28日(金) - 5月7日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com