長いお休みをいただきましたが、明日より開店いたします。買付けた品物を色々と並べてお待ちしております。一月半ぶりの通常営業ですが、これからしばらくの期間は常設が続きます。

渡欧する際は毎回探している風見。
今回は跳ねる姿が躍動感ある兎と出会えました。

前回紹介した風見(馬と人物)はブリキ製で、おそらく19世紀末~20世紀初頭頃の作と推測されますが、今回の風見はもう少し時代が上がり厚めの鉄製で19世紀後半頃と聞きました。
ディーラーには聞きそびれてしまいましたが、真ん中に空いている穴は後年は開けたものか、何かの役目だったのか、謎です。不思議に真ん中が開いているのも、軽やかな印象で面白いと思っています。


目白コレクションから京都ふるどうぐ市を終えて、marobaya展示会終了後にすぐ買付けへ…
休む間もない一月半でしたが、無事に全てを終えることができて安心と感謝をしています。これからしばらくの間は通常営業です。店に立ち、お待ちしております。

この二ヵ月間は予告や報告などばかりでweb更新を楽しみにお待ちいただいていた方には大変申し訳なく思っています。webやブログでもゆっくり商品紹介を含め発信していきます。
よろしくお願いします。


鉄製兎型風見 フランス19世紀







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




6月の休業日|
8(木)、9(金)、15(木)、16(金)、 22(木)、23(金)、29(木)、30(金)




企画展 2017|

宮武 史郎 彫刻展
3月11日(土) – 3月22日(水) 


MAROBAYA 衣服展
4月28日(金) - 5月7日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com