Au revoir chat noir



以前にwebで一度、紹介したことのあるものと同手の白釉染付双耳瓶。
この形は、なぜか扁壺型が多いのですが、今回のものは、きれいな丸型。
サイズもこの種では小振りで、徳利や花器にも良さそうです。

中央の"B"は名前…?
花や文様、イニシャルが描かれていたりしますが、潔くBの一文字。





白釉染付双耳瓶 フランス18世紀 15cm高 売約済み



同じく18世紀の白釉染付。
青花(鈴蘭のような)が描かれた、卓上で使用したインク壺です。
中心の墨入れは失われています。
東洋の雰囲気があり、李朝や和物の側に置いても、違和感なく馴染みそうです。


白釉染付インク壺 オランダ18世紀 売約済み






帰国間際、借りていたアパルトマンを出発しようと扉を開けると、一匹の黒猫が座っていました。
二週間近く滞在していながら、まったく猫の気配もなかったのに、どこから突然…
見下ろすと、更にもう一匹。二匹とも美猫、かわいい。

帰路の無事を願って見送りにきてくれたのでしょうか。その場から離れがたくなってしまいました。

扉を開くとかわいい猫。
滞在中で最大の驚き。一番大きな声を出したでしょう。

"気をつけて帰れよ" というメッセージと受け取り、感謝を伝えて別れました。
ご飯もあげれずに、ごめんよ。また会いましょう。









hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



6月の休業日|
5(火) 〜 15(金)、21(木)、22(金)、28(木)、29(金)

出店のため6月5日(火)から15日(金)迄,休業します







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com