グラヴュール縁反草文盃。
髪の毛の線ほどの消え入りそうな細い一筋の蔓に、葉が描かれています。

底面は丁寧な仕上げ、鉛量は多く、手取りはずんとした重み、弾けば響きます。

小型で縁反の形に、陶器のような歪みの面白さが加わり、手のひらであそび楽しみます。

描いているのか、描いていないのか、
生きている線の運びがあり、
細くとも伸び伸びとして、凛々しく、その頃が刻み込まれています。





グラヴュール縁反草文盃 明治後期 5,5~5,8cm高 5,5cm径











hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com




6月の休業日|
8(木)、9(金)、15(木)、16(金)、 22(木)、23(金)、29(木)、30(金)




企画展 2017|

宮武 史郎 彫刻展
3月11日(土) – 3月22日(水) 


MAROBAYA 衣服展
4月28日(金) - 5月7日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com