詳細公開 「東西筒物百景」



「東西筒物百景」の詳細及びDMデザインをサイトにて、本日公開しました。
まだ、紙媒体のご案内は完成前ですので、仕上がり次第、順に発送いたします。

表紙には、東洋から平安の経筒外容器。西洋は、白デルフトの筒型薬壺です。

経筒外容器は、その名の通り経筒を挿れて、経典を忍ばせた陶製の外側の容器です。すらりと直立する姿に、時を経てひび割れて、かせた表情は静かながら圧巻の迫力です。

地中に沈めて遥か未来へと、祈りを託した経筒が、「筒型の形状」をしているのも、どんな意味があるか。開催までには調べて、小さなことでもお伝えできればと思います。

西洋のデルフト薬壺は、小型の軟膏容器へと移す為の、少し大きめの薬壺であったと思います。これもまた一体どんな医療薬が容れられていたのか、薬品に関する事柄も知りたいものです。

筒という形が、もたらす効果や効能?は古代からどれだけ考えられてきたでしょう。厳しい筒の姿に見て触れると、こちらも背筋を正しくなるような気持ちにもなります。

一見、思いつきのような展示会の内容ですが、こんな幅も狭く不思議な展示が、逆に今こそ必要なのかもしれません。
世の中がいろいろと過ぎるのが早すぎて、よく分からなくなることもありますが、骨董の世界も然り。何を見て何処へ向かうか、本質が問われているようです。
良い展示会にしたいと思います。








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



1月の休業日|
11(木)、12(金)、13(土)、14(日)、18(木)、19(金)、25(木)、26(金)









企画展 2018|

アンティーク&ブロカント目白
2月3日(土)、4日(日)
会場 gallery FUURO


黒白展
2月1日(木) - 2月12日(月)
会場 10watts f & g



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com