瀬戸の掛分とピューター盃



掛け分けの意匠は極めてシンプルなものですが、線の分割のみで留めて粋だなと…その潔さに感心してしまいます。

鉄釉と灰釉のコンビネーションは、この徳利の色とバランスが上下逆転して形状も、細長いタイプを美濃瀬戸産では時々見かけます。
この形状の徳利は、もっと大振りなものが多く、二合半程度の容量で卓上の酒器に使えるのは少ないかもしれません。

西欧のワインボトル風で、西洋物の盃とも違和感なく自然です。素朴で味はまだこれからながら秋色の佇まい。目白コレクションにお持ちします。


瀬戸掛分徳利 江戸後期 18cm
ピューター脚付盃 19世紀

目白コレクション出品物






hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



9月の休業日|
7(木)、8(金)、14(木)、15(金)、 21(木)、25(月)、26(火)、28(木)、29(金)









企画展 2017|

「東西筒物百景」
9月16日(土) – 9月24日(日)


「目白コレクション」出店
10月21日(土)、22日(日)
会場:目白 椿ホールB1F



山本美文 木工展
11月3日(金)〜



小澄正雄 ガラス展
12月中旬予定








お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com