砂糖の鋏と鉄箆



砂糖を摘み砕くハサミと、調理用鉄箆。
砂糖の鋏は、時代やお国柄でも形状が変化していきますが、こちらはフランス19世紀と思われる鋏。
刃先や随所のカーブに留め具。細部までが、ひとつの道具の形としての妥協が見えません。

隣の箆はクレープ等の返しとのこと。
ぺらぺらに使い込まれた紙のように柔らかな鉄味が心地よく。鋏と同時代フランスの道具。

無骨でかわいさにも欠け気味の、お菓子の道具ともちょっと言い難いですが… 今展のお話いただき現地フランスで見つけた個人的にお気に入りの品です。

星月夜の「いとをかし」へ出品します。


砂糖摘み鋏
調理用鉄箆 共にフランス19世紀








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



1月の休業日|
11(木)、12(金)、13(土)、14(日)、18(木)、19(金)、25(木)、26(金)









企画展 2018|

アンティーク&ブロカント目白
2月3日(土)、4日(日)
会場 gallery FUURO


黒白展
2月1日(木) - 2月12日(月)
会場 10watts f & g



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com