山本美文展 喫茶室と音楽


山本美文展初日 「喫茶室と音楽」 終演前の風景

山本美文さんがこの日の為に用意してくれた漆のカフェオレボウルに、注がれた珈琲,カフェオレ、白漆のお皿に乗せたフランスの美しく美味しいケーキ。
柔らかにその場全体を包むような、ピアノの音色。文字通り、五感で楽しむ人たち。

ピアノの響きは、古い木造建築と共鳴しながら、いろいろな音との重なりのなか、陽が暮れるまで弾かれていました。

珈琲を淹れる音、耳をすませて静かに眺める人、小説を読む人、静かに会話を楽しむ声。器を手に取り選ぶ人…

いつもと全然違うはずなのに、昔から喫茶店だったように過ぎた一日。


およそ6時間近くものあいだ、演奏してくれた、「とある音楽家」haruka nakamura君。
彼の最長時間の演奏だったのかも。
何を想って弾いてくれたでしょう。

そして、限界まで珈琲を淹れ続けてくれた矢島明君。

図らずも立ち会い、共演した三人。僕には三者の心に、共感する風景がみえて、目頭が熱くなる。
誰かの歓びに対して、素直に惜しまず、謙虚に自分を捧げてくれる人たち。

ご来場頂いた皆さんと、素晴らしい日がつくれました。
ありがとうございました








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



8月の休業日|
9(木)、10(金)、16(木)、17(金)、23(木)、24(金)、30(木)、31(金)








企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com