漆塗のオルガンとZach Phillips



三年半前の山本美文展"our renovation"
長野県の古い校舎に置かれたままだった壊れかけの足踏みオルガンに、美文さんが漆塗りを施して、岡山から車で運んでくださり展示の象徴的な存在となった。

オルガンは会期中にcd shop songsが購入。弾かれるその日を暗い廊下で待つこと三年半。

最初の演奏者となったのは、New Yorkから来日していたZach Phillips。

カシオトーンと足踏みオルガンを連弾し、奇妙で複雑なコード進行、突然指を鳴らす合図で醒める。
ブライアン・ウィルソンのカヴァーを得意げに、時折、恥ずかしそうに歌った。シャイなんだ。
最後は私たちとヴェルヴェッツとマヘルのカヴァーをして終演。

彼の愉しげで明るい唄声と、憶えようのないような不思議で難解な曲調にも、寄り添った漆塗りの足踏みオルガン。








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



8月の休業日|
9(木)、10(金)、16(木)、17(金)、23(木)、24(金)、30(木)、31(金)








企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com