Air twist stem glass


18世紀中頃と現代の、二つのエアツイストステムグラス

左側は小澄正雄氏による最初のエアツイスト試作品。ステムへ2本の空気を螺旋状に加飾して、フットの縁も折り返して、端正な形へと仕上げています。丁寧に古様も再現した習作です。

しかし、この杯のままでは、技術や制作方法を写したにすぎないと、小澄さんは考えられています。英国の形や技術を伝承し、和様の意識が注がれた独自の姿を模索されています。

何脚、並ぶのかまだ不明ですが、12月9日から本田で開催する展示会にて完成品が出品予定です。



















hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



5月の休業日|
17(木)、18(金)、24(木)、25(金)、31(木)







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com