英国スリップウェア皿


スリップウェア楕円皿 イギリス18世紀末~19世紀 売約済み

今回出展するアンティーク&ブロカント目白で、僕が出品するものの中では、このスリップが目玉的な品物になりそうです。

英国のバックリーという地方の製作と思われます。器全体のコンディションは良好、そして使い込まれた裏側の風合いには、表側の抽象文様と同じように、迫力と魅力を感じてしまいます、陶の質感ではないような、まるで生物のような凄みです。

考えてみると、普段は店頭でも、出店の場合でも、西洋と東洋の古い物をさまざま織り交ぜて、品物を並べてきました。

今回の催事で、はじめて"洋の古いもの"だけに、限られた出品をします。

催事内ではありますが、「西洋古民藝と古道具」という感覚のテーマで、本田として展示のように臨んで、なにか一つの区切りとなればとおもっています。

いつか、自分の店で、時間をかけて集めた好きなものを一斉にお披露目したいなと考えてきましたが、今回もそんな漠然とした、いつかの日の為に溜めておいた品物をいくつか出したりと、まだまだ実現できそうもありません。

売手として物を蒐めることは、一人の力では限りがあるのも、ひたすらに痛感します。
僕は、幸い多くの人に助けてもらっていると思います。

理想の蒐集には、あらゆる要素が不可欠であり、何か一つ欠けても、その理想にはどこか及ばないような。抽象的ですが。

ところが、頭の中で探している物のイメージを繰り返していると、不意に出会えたり、不思議な縁があったり、運次第ということもある。
その人の持つカリスマ性であったり、物も人も、いつしか自然に引き寄せ合っていたり。

他に例えられるのかな、この仕事は、、と思うほど、変わっていて、複雑で明快な面白い仕事です。


さて、催事まであと1週間をきりました。雪や天候も心配ですが、気を引き締めていきます。





「アンティーク&ブロカント目白」

2月3日(土) 12:00-19:00
2月4日(日) 10:00-17:00
会場 ギャラリー FUURO








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



5月の休業日|
17(木)、18(金)、24(木)、25(金)、31(木)







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com