瑠璃釉面取筒と李朝染付瓶


瑠璃釉面取筒と李朝染付瓶

潔い面取りと窯傷から透ける白の素地が、景色と化して、李朝もののような雰囲気がある瑠璃は、おそらく幕末頃の瀬戸産と思います。

このような瑠璃の筒と同種の物を、全く見かけたことがないので、憶測に過ぎませんが、当時は"食器"ではなく、線香立てだったかも知れないと詳しい方より教えていただきました。

現在では、猪口や湯呑みの一種の形として、不思議でない面取筒型。当時は、食器の発想もなかったのかもしれません。
現存数の少なさからも、数多く市場に出回る食器よりも、線香立てのような数少ない道具であった可能性が強まりそうです。

過去には単なる道具だったから、ここまで素朴で飾らないものなのか、真相は不明ですが、今見ると、現代的過ぎるこの瑠璃筒。過去を想像しながら、お茶やお酒を呑むのも楽しめそうです。



瑠璃釉面取筒 幕末頃 瀬戸 売約済み



竹の葉か草文が極端に省略されて、行きついた瓶の文様は、魚のような、鳥が飛ぶ姿のような、浮かんだ雲か、観る側によって、何にでも捉えられそうな模様です。いつでも、豊かに、想像を越えていきたいなと、考えさせられます。


李朝染付瓶 19世紀 17,5cm高 11,5cm幅 売約済み










hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



5月の休業日|
17(木)、18(金)、24(木)、25(金)、31(木)







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com