須恵に乙女椿



先日の新羅(須恵)に続き、須恵蓋杯。
杯と身側で対をなす、蓋もの。
蓋に宝珠形のつまみを備えた、椿を生けた器形のものは、奈良時代に入るもので7世紀~8世紀頃の作と云われています。

合子形(下の画像右脇)のものは、それより時代が上り古く古墳時代にあたり、蓋を受ける溝が作られており、納まりよい姿になっています。

量産に向けて、器形も変化したのかもしれませんが、並べて比較して土質や焼き上がりの違いをみると、まったく別物にも見えます。

柔らかな古墳時代の須恵土器から、輪郭をはっきりと持ち、平安に繋がるような鋭さと厳しさのある造形が見え隠れしているようです。




須恵蓋杯(左) 7世紀-8世紀 18cm径







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



8月の休業日|
9(木)、10(金)、16(木)、17(金)、23(木)、24(金)、30(木)、31(金)








企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com