瀬戸の吹墨皿



型紙を置いて墨を吹き付けた瀬戸生まれの吹墨文様皿。多様な絵図を見かける類いのお皿ですが、現代の食卓にも合いそうな感覚の可愛らしい絵を探してみて、3つを並べてみました。

下から翔ける馬の図、中央は春駒(首馬)で遊ぶ児子と歩く鶏の図、上は橘文様の図。

幕末から明治期に多く量産された焼物とはいえども、それぞれの吹墨の加減は違っていたり、数ある図柄から好みを選んで探したりと、幾つかあるとまた面白みの増す器ではないかと思います。

と、この器には裏側にさらっと引かれた輪線文にもまた魅力を感じてしまいます。




瀬戸吹墨皿各種 幕末-明治

10周年の目白コレクション、華やかさをもちつつ、遊び心あるものも忘れずお持ちしたいです。








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



8月の休業日|
9(木)、10(金)、16(木)、17(金)、23(木)、24(金)、30(木)、31(金)








企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com