白磁面取瓶



白磁面取瓶。樹の枝のような亀裂ひと筋。残念ですけど、銀で辿って古いピューターと合わせて。

砥部焼の産地にて仕入れたものですが砥部系の一種か、鞆徳利の類いなのか、この周辺で手にする瀬戸白磁とは異なる雰囲気です。

この形状は、運搬の際に運びやすくしようとした為か、西洋のケースボトル等のガラス角瓶を参考としたものかと思います。
潔い面取りに、細い首元も際立っているようです。目白コレクションにてご覧ください。



白磁面取瓶 幕末-明治
ピューターカップ オランダ18世紀

目白コレクション出品








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



1月の休業日|
11(木)、12(金)、13(土)、14(日)、18(木)、19(金)、25(木)、26(金)









企画展 2018|

アンティーク&ブロカント目白
2月3日(土)、4日(日)
会場 gallery FUURO


黒白展
2月1日(木) - 2月12日(月)
会場 10watts f & g



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com