青花の会 骨董祭2018


[出展のお知らせ]

ただいまフランス買付中ですが、催しへの参加お知らせです。

6月に東京神楽坂で開催される、
「青花の会 | 骨董祭2018」に出展いたします。

今回の買付にて迎えたばかりの骨董もお持ちします。こちらの画像は、その中からひとつ。

リヨン或いはパリ近郊で1600年前後に作られたと思われる刺繍画。聖母マリアと中央に幼児キリスト、右手には(画像に写っていませんが)聖母アンナが描かれた場面です。
三者の図像は、ダヴィンチや他周辺の多くの画家が描いています。

絹の微細な糸により、金や色とりどりに十色以上を使い、幾つかの刺繍技法が施されています。
髪の毛の部分をみてみると、二色の糸を密に埋めこみ、顔周辺は特に丹念な仕事がうかがわれ、髪は今も生き生きとうごき流れています。

顔はおぼろげですが、刺繍は断片ではなく、縁の装飾までのこり完結した一枚の大きな刺繍画です。
ここには受難は連想されず、キリストには後光が差して喜びに満ちているよう。

この時代、工芸と芸術の境界や概念は、信仰を軸として曖昧な繋がりで往き来していたのかもしれません。
名もなき作者であれど、手仕事にはたしかな神聖が宿っているように思います。

いつか古いタペストリーや刺繍画を紹介できる機会に恵まれたらと、願っていました。

青花の会骨董祭にて、多くの方に見ていただけたら嬉しく幸いです。

6つの会場がありますが、本田の出展場所は、会場①La kagu 2F sokoです。



「聖アンナと聖母子 刺繍画」 1500年代~1600年代初頭 リヨン或いはパリ近郊 44,5cm×25,0cm


青花の会 | 骨董祭2018

日時
6月8日(金)17時−20時 (内覧会)
6月9日(土)11時−19時
6月10日(日)11時−17時






hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



5月の休業日|
17(木)、18(金)、24(木)、25(金)、31(木)







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com