聖アンナと聖母子 刺繍画



買付の途中で、一部分を載せた中世の刺繍画。
額装が無事に済み、何とか、青花へと間に合うよう整いました。

おとといからwebのトップでも全貌を公開いたしました。
併せてトップの8品も青花出品のものへと入れ換えを行いましたので、どうぞご覧ください。


再度、刺繍の詳細について

16世紀頃、リヨン(パリ近郊)で作られた「聖アンナと聖母子」の三者が並んだ場面。

ほんとうに、気の遠くなるような細緻な刺繍の手仕事。

10色を超える髪の毛ほどの絹糸を用い、箇所により縫い方と技法を変えながら、布の揺れ、髪の流れや束なり、眼のうごき、柔らかにほほ笑む口元までを緻密に現す。

全貌を見ると、裂(断片)ではなく、縁で完結しており、ひとつの枠の中におさまる宗教画として、教会の依頼品や城内に飾られたものだったのではと考えられます。

この刺繍を最初に見たのは、薄暗い部屋の中。その暗がりでも、マリアの浮きたつ静かな微笑に鳥肌が立ち、感動を憶えました。

中世の幻想的なタピスリーや刺繍裂。
美術館で綺麗だなぁと、羨ましく眺めるばかりで、まさか裂でもない完成した一枚に出会えるとは、想像もしませんでした。

しかし、たまたま、自分のもとに訪れただけで、この中世の刺繍画は、大勢の方の心に響く純粋な力を持っていると信じています。

今回の買付、この刺繍と会うために行ったようなもの、とさえ思ったほど。

ひとつの工芸品の力による、大きな揺さぶりが、まだ自分の中で続いています。




「聖アンナと聖母子 刺繍画」 1500年代~1600年代初頭 リヨン或いはパリ近郊 44,5cm×25,0cm
額86,0cm×58,0cm


青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)17時−20時 (内覧会)
6月9日(土)11時−19時
6月10日(日)11時−17時




hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



11月の休業日|
22(木)、28(水)、29(木)、30(金)






企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com