唐草に牡丹、中央四方の紫色はおそらく太湖石が描かれた古九谷の色絵角皿。
残念ながら、焼成の緩い甘手で真ん中に窯傷もあります。

しかし、よおく眺めてみると左右に伸びる窯傷を活かして、それを小枝に見立てて草花を上絵付けしているのでは、と気が付きました。
古九谷の代表作の一つにも、窯傷を図柄へと見立てて創造した畦道図皿があります。

仕入れた当初は、また自分好みに偏った甘手な傷のあるのを増やしてしまった、、と思っていましたが、今では見え方がガラリと変わって欠点も逆に愛らしくみえる不思議なもの。

自然に出現した細く伸びる傷の上へ、人の手で描き足された絵に、慈しみや心意気を感じます。
色々と助言いただいた、常連のお客様に感謝です。


古九谷色絵唐草文角皿 江戸前期
14cm×10.7cm×2.8cm
目白コレクション出品







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



8月の休業日|
9(木)、10(金)、16(木)、17(金)、23(木)、24(金)、30(木)、31(金)








企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com