くらわんかに倣って瀬戸美濃で焼かれた炻器染付の太白焼です。

皿や鉢は4寸が多く、久々の7寸皿。波紋をつくる帆かけ舟一艘、唐草の筆のはやさも涼やか。



くらわんかの頑丈さには劣るものの、薄手で軽い炻器ゆえのメリットもあります。
日常の食卓に、気兼ねなく使ってみてほしい粗製の古陶です。


美濃太白草花文七寸皿 江戸後期 20.5cm径 4.8cm高

売約済み







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com