瀬戸墨流文七寸皿とフランス絵具皿


パレットから滴を落として、その波紋のゆくえを愉しむ画家のように、陶工は何を想って、この図を留めたでしょうか。





(見込みに一箇所剥がれがあります)


鉄質泥を滴下して攪拌、流水のような抽象模様を生み出した瀬戸の墨流し皿。

練り上げ技法の器も同様に、瀬戸を産地としたものが時折見られます。

器体は薄めで持ちやすく、普段使いにも嬉しい七寸のサイズ。



高台作りは、馬の目皿や石皿の太い輪と違い、細くシャープです。



濃淡があり鉄泥のうごきも繊細で、細い流れ、太い流れ、景色が見飽きません。




軟質陶器の絵具皿。
フランスの良質な陶器の窯元で焼かれたものでしょう。縁に釉薬が厚く溜まり、表情の豊かなファイアンスフィーヌ。

こんなに小さく、愛らしいものは初めて見ました。

板チョコのかけら、ホワイトチョコレートのような、軟らかな角形が何とも美味しそうです。



ようやく暑さも和らいで
晩夏の風は、もう秋を匂いを届けている気がします。
食欲の秋、芸術の秋。
絵画的で美味しそうでもあるマーブルの器は、実用というよりも、物質として愛でたいもの。
異国の絵具皿が、よく似合っています。



瀬戸墨流七寸皿 江戸後期 23cm径 3cm高
売約済み

フランス絵具皿 1800年代中頃 10cm×4.2cm×1cm





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com