無事に帰国して昨日から梱包をほどいています。破損もゼロ、安心しました。
修繕や手入れの必要なものを仕分け選別、先に店頭に出せるものは明日の朝から並べています。
写真の像はその内から一つを紹介です。




フランス南部、田舎の彫刻作品。
木彫りの聖母子像です。

伝統的な宗教彫刻とは異なる、心の和む穏やかさ。18世紀末~19世紀頃の作品ですが、はるかに古いロマネスクの気配や、遠いアフリカの原始的な木製品と重ねてしまいます。



東洋や日本でいうところの、名もない職人や素人による民衆仏や民藝品の彫像と近いもの。



フランスやスペインを中心に、南欧の優しい田舎の民芸調な彫像は、時にとても出来の良い、美しいものと出会うことがあります。集めて、小さな企画でもしたら、楽しくなりそうです。


木彫聖母子像 フランス18世紀末-19世紀 31cm 高
売約済み





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com