デルフト八角花瓶の蓋

家具や暖炉の上を飾った花瓶の蓋部分。
こうして動物を蓋の頂点に置いたものは、憧れからか長く流行したようです。
絵柄の文様も東洋を匂わせます。



近くでみると、口元が緩んでいて微笑んでいる気もします。
手足みじかめ、尻尾くるりの獅子と思いますが、まるで仔犬のようです。
後ろ姿が特に愛らしい。



ペーパーウェイトやお茶用の蓋置などにも。
蓋を蓋置にするなんてチョット可笑しいですけど。
自分なら特に何も使わず、ただただ机に置いて、時々触れたり、眺めたりしたいものです。


デルフト八角瓶獅子蓋 18世紀 H9cm







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com