日本各地の片口いろいろ。
九州諸窯や他民窯、瀬戸などで小振りなものが中心に集まりました。
気兼ねなく普段使いできるものばかりですが、釉薬の流れや歪み、高さを備えた器形など、よく見てみると個性のある片口各種です。


古上野萱釉鉄彩片口 江戸前期

轆轤目が強く出て、貫禄ある佇まい。
田中丸コレクションの古上野で、非常によく似た釉調の耳付水指があります。
若干、胴の筒状になる立ち上がりは特徴的です。
古唐津の器形は柔らかで半球形に対して、上野や高取系の胴まわりは垂直的な筒形の持ち味があるそうです。




上から見ると歪みがはっきり分かります。
内部は施釉が半分ほどですが、堅く焼き締まっており酒器に可能です。水を含むと、乾いた赤土に景色が生まれます。



高台裏。
全体に傷やニュウが多くあります。



注ぎ口が欠けていますが、水切れは良好です。



小さな掛け分け麦藁手は盃サイズ。
明治頃と思われますが、かなり使い込まれています。
小皿や大振りの片口はありますが、掌中におさまる盃ほどのものは初めて扱います。






上野系鉄釉流片口 江戸中期




目白コレクションに出品します。


片口各種 江戸前期-明治頃迄





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com