白南天がツリーの代わりでした。

花をいけた籠はフランスの葡萄を収穫する際の背負い籠。
曲げ木を用いて、樹皮を編み込んだもので、これが葡萄で一杯になれば相当な重量となるはずの大きさです。大変な重労働に違いありません。



摘果のために考えられた優れた造形。
補修跡もいっぱいありますが、まだまだ現役でいけそうな感じもします。



年内の営業日は本日まで。
新年は1/4(土)より開始いたします。



葡萄収穫用背負い籠 フランス1900年前後
高60cm 幅50cm
売約済みとなりました。ありがとうございます。







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com