冷たい雨、夜には雪となるでしょうか。

しんしんと雪の降る空、雪の結晶やつぶてを文様化したような楽しげなマヨリカ陶器。
古伊万里等にある染付の雪輪文が重なりました。手描きの窯印に造りの良い高台、状態は良く長いこと壁に掛けられていたようです。

イタリアのトスカーナの田舎町で見つけたもので、その日は真夏のような暑さ。この結晶文皿との出逢いにひとときの涼を得た憶いがあります。



マヨリカ藍絵幾何文皿 18世紀末頃 17.5cm





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com