瀬戸周辺の台付鉢

見込みは灰釉がやや白濁した色合いですが全体は青磁を狙った御深井釉寄り,銅器を模した形は、寺院の儒祭の祭器である脚付盤を連想させました。




側部には鎬が施された丁寧な造り、食器では無く小ぶりな什器だったのでしょうか。

幕末になり、御深井前期の祭器を写した部類なのか果たして判りかねますが、見慣れた土味の見慣れない器形から想像する余白は思ったより大きく、楽しく思います。


鎬文台付鉢 江戸後期頃 20.5cm径 6.5cm高






hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com