色調のやさしい手紡ぎ糸を織り重ねた古の木綿,丹波布。
経緯糸ともに失われつつも、まだ形を留めてくれています。



和洋を問わず器物を包むのに、丹波布は重宝するので端切でも使えそうと思いましたが、暫く、このまま掛けて観ることにしました。


茶地縞丹波布 168cm長 明治








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com