300年以上ぶりという、夏至の日食。
もうはじまったようなので、グラスを掛けて観てみることにします。
さて、この器もまるで夜に浮かぶ月のようです。


工芸青花14号が刊行されました。
今号でも精華抄にご紹介いただき、早速にいろいろとご感想が寄せられ嬉しく感謝しています。
僕のテキストは詳しい説明もなく他愛もないものでしたので… この場を借りてすこし補足をさせてください。

写真の皿は、近寄るまでは銀化した古代ガラスかと思いこんでいました。

中世末期,イギリス領であったフランス南西部のサントンジュ地方では、緑釉陶器を生産してはイギリスへも輸出していたようです。

フランスの城下で出土したこの皿は緑釉と判らないほどに、ほぼ剥落していますが、年月のつくった銀化まじりの肌と造形は無条件に心うたれました。  

まだまだ、次回の渡仏のメドも立ちませんが、発掘地にすぐに飛んで行きたくなる、そんな想いにしてくれる美しい皿でした。

誌面では、フチにかかるわずかな釉や裏面に遺された緑釉を確認できます。
ご覧いただければ幸いです。


緑釉皿 フランス/サントンジュ地方 中世末期
売約済み (工芸青花14号掲載)






hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com