朱塗の修繕盆。
時代の足あとを消したり傷つけないように、元の姿を想った修復が施されています。

だからといって、単調な直しでもなく高台内にさりげない鑿跡を刻み、いまを生きる木工としての仕事を足されています。
その塩梅がとてもむずかしい修復は、人間味の出る仕事で安易にもゆかないようです。


盆の上には、ゆがんだ初期伊万里盃と仏ルーアン産の東洋陶磁の影響がみられる藍絵水注を取り合わせてみました。
展でも上手くまとまるといいのですが。

すべて今週末からの山本美文展にて販売いたします。
展示は通常どおり行いますが、混雑時には入場制限をいたします。
マスク着用でのご来店をお願い申し上げます。

また、オンラインでの販売は来週中頃からの予定です。


朱塗修繕盆 / 山本美文
初期伊万里白磁盃
フランス藍絵水注 18世紀


山本美文 木工 展

会期 6/27(土) - 7/12(日)
時間 12:00 - 18:00
定休 木,金休み





hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com