瀬戸白磁輪花向付



瀬戸産の白磁輪花向付。
薄造りの乳白ガラスのような印象。
夏用の煎茶杯などにも使えそうです。

十客が木箱に納まり、未使用で出てきました。

まだ味わいは無い若い白磁ですが、底は若干に分厚く手取り程よく、繊細な輪花縁や器形も良い仕事だと思います。






瀬戸白磁輪花向付 明治~大正 8,5cm径 2,7cm高 程 売約済み







西欧木彫天使像頭部 18世紀頃
弥生土器 共に売約済み

西欧の木彫天使像頭部と弥生土器。
木彫はフランス中央部で出会ったもの。

修道院の祭壇などに飾られていた、18世紀頃のフランス或いはスペインあたりの産まれだろうか。おそらく、背後や横に羽の装飾などがあり、胴体のない顔のみで完結していた彫刻。

微笑は、悲しんでいるようで、喜んでいるような…
喜怒哀楽を密かにする天使の素性を思わす、静かな顔だち。

弥生土器は矢作川の川揚がり。
長い年月洗われて肌合いは、白に近くなり、形のよさが浮き立つ。

静かな微笑と、白く晒された土器。
夏の朝、ふと共に共鳴する涼しさがあったような。








琺瑯八角皿



ガラス質の釉薬は厚めに掛けられ、錫釉のようにしっとりとした質感。
縁は切れるほどに細く鋭く処理された古手の琺瑯八角皿。

縁部の青い塗りは消えかけて、露出した鉄は錆色に変化しています。

白い金属は冷たく涼しい。
夏向きのティートレーや盆に合いそうです。


琺瑯隅切長皿 フランス19世紀 29.5cm×19.5cm
売約済み







フランスの木製砥石入れ



腰にさげ砥石を入れた道具。一本の木を刳り貫き、ゆるやかな曲線に仕上げた角のかたち。飾りの無い自然にならった形に、道端の草花も、つたう水滴も調和している気がします。真横からみる姿は木靴や、民族楽器のようです。






木製砥石入れ フランス19世紀








北フランスの田舎町、まだ夜明け前の蚤の市で見つけた一枚の皿。暗やみで埃もあって、最初はこの傷が絵柄にみえた。無限の線刻は、ここで意思を持って止められたように丸の中でおさまっている。


フランス19世紀初頭頃 売約済み







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



6月の休業日|
5(火) 〜 15(金)、21(木)、22(金)、28(木)、29(金)

出店のため6月5日(火)から15日(金)迄,休業します







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com