デルフト藍絵人物文皿




国旗の赤エナメルが、青の中に効くデルフト皿。幅広の縁に余白を設け、人物の穏やかで笑顔のような表情まで、丁寧に描かかれた一枚だと思います。状態良好。


デルフト藍絵人物文皿 1700年前後 22.5cm径
dish with a figure and flower design.
Dutch faience 18th c.


青花の会 | 骨董祭2018
6月8日(金)17時−20時 (内覧会)
6月9日(土)11時−19時
6月10日(日)11時−17時




グラヴュール装飾ガラス5種


グラヴュール装飾瓶,杯など
フランス,他 18世紀中頃~19世紀後半頃

5月末になり、青花の会骨董祭の開催も近づいてきました。出品のお知らせが続きますが、個人的にはアーカイブの意味であったり、何より骨董祭へお運び頂くのに、きっかけになればと、思っています。よろしくお願いします。

本日はグラヴュール装飾のガラス5種。動物や草花文、紋章入りのタンブラーや瓶など。





多様にあるグラヴュールの中より、余白や線のタッチ、絵柄、、純粋に自分が好きで惹かれたものを集めてみました。




犬の絵図の瓶は、この中では若い時代に入りますが、徳利にも見立てが可能なサイズ感です。(280ml程)

夏に向け、他にも硝子は酒杯になるものなどお持ちしたいと思います。

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)17時−20時 (内覧会)
6月9日(土)11時−19時
6月10日(日)11時−17時




青花と赤い花


フランス 色絵の調味料容器

花を描いて、省略化された幾何模様がなんとも愛らしい図柄。同種で、花の絵付けは伝統的であり時々、見られますが、こんな素朴な幾何模様と出会えたことに嬉しくなりました。

フランス国旗の色ですが、日本の六月の季節や、青花の骨董祭とも調和してくれそうな色絵です。


色絵水注と手付容器 フランス18世紀 高11cm 幅13,5cm


青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)17時−20時 (内覧会)
6月9日(土)11時−19時
6月10日(日)11時−17時





古陶のかたち


三つ脚の耳付き濾し器 オランダ1500年代後半~1600年代前半

幅45センチ、大振りな水切りの皿です。

オランダ16~17世紀の風俗画に、ほぼ同形の器が描かれており、その皿の上には魚がのせられ、横から猫がコッソリと狙っている…という当時でも今と同じ風な食卓の風景がみられます。





そんな日用品であった濾し器や水切りの皿ですが、当時では難易度の高い製作工程のため安価にはならず、ゆえに使用者は裕福な層に多かったようです。

その数も他の皿類と比べても非常に少なく、日用の道具ながら、自然と価値のあるものとして残されたのかもしれません。

今回の黄緑色の濾し器も、発掘品ではなく伝世されてきたものです。

器体から引き伸ばした三角のような形の特徴ある耳(把手)。 そこには、たしかな古陶のかたちにならない時代の空気を含んでいる気がします。



青花の会骨董祭にてご覧ください。


青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)17時−20時 (内覧会)
6月9日(土)11時−19時
6月10日(日)11時−17時




貴婦人の乗馬



風を斬る手綱さばきが今にも伝わる、躍動感のあふれる鉄製風見。一枚の鉄板で、馬と人と風が一体となった優美な動きを表しています。


そして、乗馬しているのは女性。

風になびくスカート。身体や、か細い首、顔の輪郭をよく見れば、これは女の人だということがよく分かります。

ふと〈貴婦人の乗馬〉というブルグミュラーの、子どもたちの練習曲を思い出しました。

スタッカートを効かせて、馬が跳ね、かろやかに翔ける姿。
強さとしなやかさ、優雅でありながらも騎士のような女性が連想されます。

先日紹介した、海獣の風見より一つ時代が古く、鉄製で重さと大きさがあるものです。

おしりの尾が切れてしまっているのが残念ですが、これがあると、全体はどんなに綺麗な線を描いて完成していたんだろうなあと想像してしまいます。



風見は、買付の度に一つ二つと持ち帰りますが、今回の風見は鉄味,造形ともに、今までの仕入れの中では群を抜いています。

風見のような正統派の西洋古民藝も、まだどこかで眠り埋もれている古民藝(フォークアート)と呼ばれるべき物も、今後探し続けていきたいと思っています。



鉄製風見 (貴婦人の乗馬) オランダ或いはイギリス 18世紀末-19世紀初頭
幅55cm 高53cm

青花の会骨董祭 出品

青花の会 | 骨董祭2018
日時
6月8日(金)17時−20時 (内覧会)
6月9日(土)11時−19時
6月10日(日)11時−17時








hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday + 1st,3rd Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



6月の休業日|
5(火) 〜 15(金)、21(木)、22(金)、28(木)、29(金)

出店のため6月5日(火)から15日(金)迄,休業します







出展 2018 |

青花の会 | 骨董祭2018

6月8日(金)、9日(土)、10日(日)



お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com