50cm程の大振りなオランダのスペキュロス菓子型。

民族衣装風の男性が細密に彫り込まれた、素朴でおおらかな西洋古民芸。抽象的な木彫も大好きですが、こんな真面目な彫りものにも、和み心が動かされます。



「欧州の家具と古民具」に載っていたような、どんと大きく朴訥で優しそうな人物木型が欲しいなぁと思っていたので、嬉しい出会いのひとつでした。目白コレクションへ持っていきます。



菓子木型 オランダ19世紀 H51cm
目白コレクション出品







目白コレクションの出品物より、西欧の酒器として見立てられそうな三種です。

染付水注は、東洋の影響を受けておそらく石垣文様と唐草文らしき図柄を描いていますが、呉須が流れてしまい、あやふやな絵の仕上りです。



しかし、それがかえってマーブリングやデカルコマニーのようになり、奇妙な味わいと魅力を生み出していると思います。
使い手により、見えてくる景色も色々と。抽象的な絵が面白みある水注です。




隣の白釉マグはスペインから。強い酒類を飲んだのか用途は定かではありませんが、古手であまり見ない形の白釉です。サイズ感は日本酒用にもぴったりと思います。




ピューターのトレイはリムが細く大振りな30cm程。両面共に製作段階で付着した成分は景色とも観れて、盆に使うに和の器とも合いそうです。

阿蘭陀染付水注 オランダあるいはフランス北西部 1700年前後 H12cm 容量150ml
スペインデルフト白釉マグ 18世紀 H5.2cm
ピュータートレイ フランス18世紀頃 W30cm

目白コレクション出品






日本の色絵につづいて、今日は西洋の色絵です。
マジョリカの色絵タイルですが、サイズが小型で可愛らしいものです。
羽を広げて今にも飛ぼうとする動きのある鳥と、ぼんやりと佇むような静かな鳥。

マジョリカ色絵タイル 17世紀 6,5cm径
目白コレクション出品






唐草に牡丹、中央四方の紫色はおそらく太湖石が描かれた古九谷の色絵角皿。
残念ながら、焼成の緩い甘手で真ん中に窯傷もあります。

しかし、よおく眺めてみると左右に伸びる窯傷を活かして、それを小枝に見立てて草花を上絵付けしているのでは、と気が付きました。
古九谷の代表作の一つにも、窯傷を図柄へと見立てて創造した畦道図皿があります。

仕入れた当初は、また自分好みに偏った甘手な傷のあるのを増やしてしまった、、と思っていましたが、今では見え方がガラリと変わって欠点も逆に愛らしくみえる不思議なもの。

自然に出現した細く伸びる傷の上へ、人の手で描き足された絵に、慈しみや心意気を感じます。
色々と助言いただいた、常連のお客様に感謝です。


古九谷色絵唐草文角皿 江戸前期
14cm×10.7cm×2.8cm
目白コレクション出品








古代ガラス

香水や薬類を容れたローマングラスの香油瓶。

とびきり綺麗な球形のふくらみに、ただ、美しいと思いました。
ふれたら、今にも崩れ壊れそうな自然物のような柔らかな丸み。



銀化の被膜と、元来の淡黄色ガラスの色味もあり、半分づつに楽しめます。



先月の買付にて、長くエジプト在住だったという現地イタリアの方より譲っていただいたものです。
目白コレクションにてご覧ください。



古代ガラス長頸瓶 H10cm(台座除く) イタリアあるいは東地中海地域







hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com


INSTAGRAM|
@hondakeiichiro



8月の休業日|
9(木)、10(金)、16(木)、17(金)、23(木)、24(金)、30(木)、31(金)








企画展 2018 |

chikuni exhibition
2018.10.13 sat - 21 sun




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com