“ものがたりの西洋工芸”

渡欧するたびに一つは見つけられたら、と思う風見。
風向計という道具といえばそうなのですが、実質は「観られるもの」の印象。建造物のシンボルとして、永い時間を多くの人が眺め続けてきたものです。風を目で知るとは豊かなこと。

厄除けの意味が込められたり、実際に役に立っていそうで、そこまででもない装飾的な風見の存在は、工芸と芸術の狭間にあるようなものの気もします。

性能や効率とは離れて昔は、こんな曖昧なものが沢山あったでしょう。だから欧州の古い工芸品の中でも、風見は僕にとって異質で惹かれる存在。好きなのは理由があります。

写真は修道院の屋根の上に付けられていた鉄の風見。錆びて欠けていても、末広十字にくり抜かれた形は今も綺麗に残っています。



鉄製十字風見 フランス19世紀
100cm長 29cm幅

“ものがたりの西洋工芸”

於 gallery FUURO
antique & brocante 目白

2019年
12月7日(土) 12:00-19:00
12月8日(日) 10:00-17:00
東京都豊島区目白3-13-5







西洋ものの紹介が続きましたが、日本の焼き物にて来週の出店をお知らせします。

11月13日(水)に京都岡崎公園内で開催される「平安蚤の市」へ出店いたします。京都ふるどうぐ市以来、三年ぶりという久々となる関西方面への出店です。

12月のab目白は西洋骨董限定の催事なので、京都には東西を交えながら常設のいつもの雰囲気を伝えられるようなセレクトにしたいと考えています。
ちょうど前日12日にはフランスからコンテナが届く予定なので、新入荷も少量ですが持参できそうです。

京都への出品より御深井釉の長皿。無地御深井の日常使いに向く器は、常設したい好きなものでこうして五客揃うのは嬉しいことです。四客は無傷、散売りいたします。秋の食卓に、魚皿にもお勧めです。

憶い出してみると、野外で最後に出店したのは8年前。予報では快晴となる秋の京都、皆さまのお越しをお待ちしております。



御深井釉隅入長皿 江戸後期頃









“ものがたりの西洋工芸”

絹糸と金銀糸をたっぷりと縫いつめた紋章裂。本のカバーの中心部、もしくは所持品などに縫い付けられていたと思しきイギリス刺繍の断片です。

聖書や詩篇本などのヴェルヴェット地のカバーを刺繍で埋め尽くすがごとくは、それは豪華絢爛な装飾美術。きらびやかでまぶしく、一冊の刺繍本となると大変貴重なものですが、これは小さなかけら、その一部分です。

額装は、古布とフランスの石膏金彩額縁を用いて妻が仕上げました。
絹糸刺繍のなめやかな触感は、見ているとつい撫でたくなるもの、あえてガラスは嵌め込みませんでした。

色あせた藍と紫の絹糸には、豪華のなかに素朴さもあって、貴族風でもどこか身近な感じです。
でもやはり、ひそかな贅沢と気高さが奪われていないのは、裂であれど紋章の持つイメージと素材の力づよさなのかもしれません。



紋章刺繍裂 イギリス17世紀-18世紀 8.2cm 4.8cm
金彩額 25cm 20.5cm

“ものがたりの西洋工芸”

於 gallery FUURO
antique & brocante 目白

2019年
12月7日(土) 12:00-19:00
12月8日(日) 10:00-17:00
東京都豊島区目白3-13-5







“ものがたりの西洋工芸”

文様としての番い鳥と心臓。
ハートを囲む丸い輪のうえで向かい合う鳥。聖心信仰から派生していくハートの形態と意味合いは、この時代にはもう現代的な様相を帯びている気もしないでもありません。

これはフランドル地方の修道院の長椅子やアームチェア,コファなどに嵌め込まれた木彫パネル。彫り込み模様は、クッキーを作るスペキュラス型とも近くオランダやベルギー寄りの雰囲気が微かに見て取れます。
威厳あるゴシックを過ぎてきて、のほほんとした民藝的な木彫パネル。平和と愛を象徴する文様、教会にて幾多の人生を見送ってきたでしょうか。




木彫パネルといえば、幾何文でぼそぼそ木目の渋いのは好みなのですが、今回のテーマに合ったのはこんな微笑ましい日常の愛と文化がハッキリと浮かぶものではないかなと、選んでみました。



番い鳥と心臓図木彫パネル フランドル地方 17世紀 40.5cm×35cm


“ものがたりの西洋工芸”

於 gallery FUURO
antique & brocante 目白

2019年
12月7日(土) 12:00-19:00
12月8日(日) 10:00-17:00
東京都豊島区目白3-13-5







“ものがたりの西洋工芸”

去年の秋、パリの中世美術館をのぞいてみた時のこと。ちょうど一角獣にまつわる展覧会が開催中でした。
館内は大がかりな改装中で規模を縮小した企画だったものの、中世美術から現代絵画に映像作品、一角獣のツノ(ホンモノではなく別の獣)…、そしてジャンコクトーのユニコーンのコスチュームまでと幅広い一角獣を集めた面白い内容でした。

ユニコーンを巡っては、解毒や貞潔をあたえるもの、他の伝説上の怪物や悪魔と異なる位置にいたり、その神秘へ救いや安息を求めると同時、一角獣はキリストに見立てられ、神殺しされ、人間のおろかさを伝えていく幻獣とも言えそうです。
シシ神と同じように。



一角獣図のデルフトタイル。
コーナー・パターンは卍崩しの古手のタイルです。
駆けていき、いま川を飛び越えるところ。

この絵を見て思い出したのは、ニューヨークのクロイスターズ美術館蔵のタピスリー“一角獣狩り”にある、狩人から逃れて一角獣が川を渡ろうとする場面。脚の曲げ方、顔の向き、ちょっと似ているのです。
野を駆ける動物たちはタイルの定番柄であり、きっと関連はないのですが、妄想するのも古いものの楽しみのひとつです。

寓話の幻獣ではなく、かつて本当は共生していたのでは?と思わせるほど生々しく親密さをこの絵から感じています。



一角獣図デルフトタイル 17世紀前半-中頃
13.5cm(修復なし)


“ものがたりの西洋工芸”

於 gallery FUURO
antique & brocante 目白

2019年
12月7日(土) 12:00-19:00
12月8日(日) 10:00-17:00
東京都豊島区目白3-13-5






“ものがたりの西洋工芸”

フィレンツェを訪ねた際に、ルネサンス期の彫刻や織物、宗教美術を揃えた骨董店が軒を連ねているのは圧倒されました。もちろん手が出る価格でもなく、フェイクも怖いしおそるおそる退散した次第です。仕入れはほぼ出来ませんでしたが、ただ街を歩くだけでも、床や外壁にも彫刻や美術が隠されていて、思わずため息。見惚れるだけで帰ってきました。

こちらはルネサンスも末期、フィレンツェ或いはヴェネツィアの工房で作られた骨製の“悲しみの聖母”です。

イタリアでは古い婚礼用の匣や宝石匣に、こうした骨製の細工物を嵌め込んだ美術品があります。この聖母も腰と足元に穴があり、匣のかざりの一種と思われます。

およそ9cmのレリーフの中に刻まれた聖母の顔立ちと濃密な時代性には、サイズ以上の大きさを感じてしまいました。
山羊の脚部の骨を用いて、よく磨かれ巧みに削りだしたイタリアの工芸品。小さな骨片に物語をみます。


骨製聖母像 フィレンツェ或いはヴェネツィア 16世紀-17世紀 8.8cm(本体)21.5cm(台)


“ものがたりの西洋工芸”

於 gallery FUURO
antique & brocante 目白

2019年
12月7日(土) 12:00-19:00
12月8日(日) 10:00-17:00
東京都豊島区目白3-13-5








“ものがたりの西洋工芸”

刺繍やタピスリーに織りこまれた神話や宗教、複層なる物語。奇異で人智を越えたロマネスクの柱頭彫刻は、それ以前の柱頭の歴史に無かった“物語”を彫り込み表していきました。

思えば、そんな西洋の“物語性”には、子どもの頃から長らく惹かれてきたような気がします。
カケラだったり、小さなもの、品数も多くはありませんが西洋の中世から近世にかけて、物語に満ちた工芸品をあつめてみました。
偏った個人的な想い入れの品々ですが、受けとる側それぞれの、“ものがたり”を夢想できる空隙があればと願っています。

来たる12/7,8ギャラリーFUUROにて開催されるA&B目白に於いて、そんな内容の企画展で臨みたいと思います。



早速、“ものがたりの西洋工芸”から一番最初に紹介するのは中世の石彫刻。

ノルマンディー地域圏、古都ルーアンの聖堂石彫刻の一部分です。ノルマンディー・ロマネスクからゴシック建築の代表作まで歴史ある街ですが、戦災により消失した修道院建築も限りなくあるでしょう。

この中世遺物が辿ってきた道程は知り得ませんが、その過去の歴史も覚えておかねばなりません。



右手部分の石彫。
黄土色の彩色を仄かに遺し、おそらく石灰岩から彫り出しています。成人女性の手ほどの大きさがあり、昔日の姿は台座を含めれば2m近くあったのではと推測できます。

円柱像かタンパン彫刻の残欠であり、預言者がアトリビュート(持物)の巻物を握っているのではないでしょうか。

手の甲や持物には細かな削り模様が施され、後期ロマネスク様式でゴシックへと移る頃のものと思うのですが、薄らいでも黄土に残る彩色はフランス中部の寒村コンクのロマネスクを思い起こしました。往時の色彩を残している中世彫刻は、フランスにも殆どありません。

中世の石彫が色を残した飾りやすい大きさで入手できたことはとても嬉しかったですが、特に手の部分というのは幸福でした。

称賛の念はキリストの右手に宿るとも云われます。
中世石彫に満ちる物語は尽きません。


石彫右手残欠 13世紀 フランス
17.5cm 14.5cm 6.8cm


“ものがたりの西洋工芸”

於 gallery FUURO
antique & brocante 目白

2019年
12月7日(土) 12:00-19:00
12月8日(日) 10:00-17:00
東京都豊島区目白3-13-5








目白コレクションが終わったばかりですが、1か月半後の12月7日(土),8日(日)に、また目白へ戻ってきます。

西洋骨董・古道具を中心とする催事「アンティーク&ブロカント目白」の三回目がギャラリーFUUROにて開催、出店いたします。

そこで、これまで暖めてきたものを、企画として紹介します。
暗闇に浮かぶ左手の油彩画もその内よりひとつ。詳細や企画の内容なども近日中に発表いたします。

そして今回の目白コレクションも沢山のご来場、本当にありがとうございました。岐阜に帰ってきて、二日間の出来事、お会いできた人たちのことをぼんやりと考えています。

明日は展示変えの為お休みです。
10/30(水)から通常営業いたします。






鼓を直立させたような“立鼓”形の硝子器。ヨーロッパ1700年代中頃から後半にかけてに制作された高鉛のグラスです。



なんとなく大正昭和頃のあのビールコップにも似てなくもありません。
古来より東洋に在る立鼓と一致する器形は、日本の焼き物とも自然と寄り添いそうです。



小林さんのルイボスティーも一層美味しく飲める気がします。ブースにて一杯ぜひどうぞ。


立鼓形グラス 西欧18世紀









日本の片口に続いて英国デルフト注器。
本来はソース・ボートというソースの容器で、フランスの優美なソーシエールを源流に、英国で作られたものです。



これはヨーロッパ独自の形状とスタイルの器ですが、失敗して流れた絵から江戸期の阿蘭陀への注文陶器的な印象を受けました。



やわらかな錫釉上を溶けて流れるつたない色絵に、かえって親しみを憶えてきたのは日本人の大切な感性。

地に花、上には植物を描いたものですが、空から雨が降ってきて、枝にはしずくが溜まっているように見えました。
一年前の秋、フランスで出合ったものです。


英国デルフト色絵注器 十八世紀 (銀繕いあり)








日本各地の片口いろいろ。
九州諸窯や他民窯、瀬戸などで小振りなものが中心に集まりました。
気兼ねなく普段使いできるものばかりですが、釉薬の流れや歪み、高さを備えた器形など、よく見てみると個性のある片口各種です。


古上野萱釉鉄彩片口 江戸前期

轆轤目が強く出て、貫禄ある佇まい。
田中丸コレクションの古上野で、非常によく似た釉調の耳付水指があります。
若干、胴の筒状になる立ち上がりは特徴的です。
古唐津の器形は柔らかで半球形に対して、上野や高取系の胴まわりは垂直的な筒形の持ち味があるそうです。




上から見ると歪みがはっきり分かります。
内部は施釉が半分ほどですが、堅く焼き締まっており酒器に可能です。水を含むと、乾いた赤土に景色が生まれます。



高台裏。
全体に傷やニュウが多くあります。



注ぎ口が欠けていますが、水切れは良好です。



小さな掛け分け麦藁手は盃サイズ。
明治頃と思われますが、かなり使い込まれています。
小皿や大振りの片口はありますが、掌中におさまる盃ほどのものは初めて扱います。






上野系鉄釉流片口 江戸中期




目白コレクションに出品します。


片口各種 江戸前期-明治頃迄







目白コレクションの出品より初期伊万里瓶と阿蘭陀盃。網手はカセあり繕いありで、定番の文様ですがかたちに惹かれました。

徳利というより、このまま飾りに花入に、お勧めしたいものです。




阿蘭陀盃は、ねっとりの白釉ではなく初期のファイアンスフィーヌ。葡萄唐草をシンボル化しています。
見込みの一輪花も愛らしい。


初期伊万里網手文瓶 17.7cm高



阿蘭陀葡萄文盃 オランダ18世紀末-19世紀初 6.2cm 4.1cm高







聖書を納めた匣

オランダの教会で聖書を納めるために用いられた長方木製箱。蓋を開くと区切りもなく、がらんどうのようにぽっかりとした空間。






分厚い木目は浮き立ち、錠前と金具には深い鉄味が付着し、その中には大判のネウマ譜面がぴったり納められたようです。



花入を置いたり道具箱にするのも気が引けてしまう、宗教的で厳かな、しぃんとした冷たい空気を今も匣の中に遺している気がします。


聖書収納長方箱 オランダ17世紀
w52cm d34cm h14cm









御深井盃

軟らかな輪形(りんなり)に鉄絵が一つ。
“文様”と呼ぶには儚くたよりない。
使う人それぞれへ託した、優しい余白を感じます。
花入と茶器にて





御深井鉄絵輪形盃 8.5cm径 4cm高
御深井鉄絵輪花盃 8.6cm径 5cm高
江戸前期-中期







くらわんか井桁文平盃とオニオンボトル徳利

文様は遠慮がちで小さめ。その薄く鈍い発色にも心惹かれた井桁文くらわんかです。




抽象化した記号は、ヨーロッパ民陶の教会などに見られる十字文様陶器とも重なりました。10cm程の小碗に満たない平盃サイズです。



スタンプ痕を残したオニオンボトルは徳利に程よい容量200ml強。ワイン用途の小型ボトルですが、出会う機会の滅多にないもの。小ぶりさゆえに透過光でも黒ガラスに近いほどの深い緑です。

型ガラスではなく、手吹き成形。
この手の小振りな独酌サイズは量産に入り、型のタイプが多く見られます。
ガラスの厚みと色からも少し時代の古さを感じさせます。





どちらも状態は良好。

目白コレクションに出品いたします。


くらわんか井桁文様平盃 10.2cm径
オニオンボトル徳利 オランダ又はフランス19世紀 14cm高









錫釉陶器のインク壺

基本的にインク壺には絵付けが大半で、白釉無地はきわめて異例ではないかと思います。加えて把手付きというのも、また特殊でした。




その肌合いは小さな白デルフトタイルを四方で組んで函型にしたような、把手と縁飾りで遊んだ愛らしい注文品です。

僕は無類の錫釉陶インク壺好き。
ついつい集めてしまいます。
和洋問わず陶製文房具、絵具皿に水滴の類いなど。手のひらに乗せれば、小さな宇宙が拡がるような感覚です。



これまでの目白コレクションにも錫釉インク壺は幾つも持っていき、ご縁をいただいてきました。
ファンが増えれば嬉しい限り。

またヨーロッパでインク壺探しができます笑

この白釉インク壺はどうでしょう。
花は勿論、ルイボスティーも呑めるかな。

目白コレクションにてご覧ください。



白釉把手付インク壺 英国デルフト又は南仏ファイアンス18世紀
English delft or French faience inkwell 18th.c








レーマー杯の残欠
17世紀ドイツ又はオランダのワイングラス、レーマー杯の脚部残欠です。
元来は上部に球状のボウル、下には螺旋状にくるくると広がる台座がありますが、どちらも失われています。
そんな状態なのですが、妙にバランスのよい筒状の姿に惹かれました。

おそらく以前の所有者により、銀化と汚れが丁寧に取り除かれており、本来の森林ガラスのはかなげな緑色がありのまま現れています。
水は漏れず、花入にも。
冬の陽に透かすだけでも。

目白コレクションに出品します。



レーマー杯残欠 17世紀
Dutch or German roemer glass stem early 17th.c








目白コレクション開催まで、あと1週間とすこし。出品する品物に関して、色々とお問い合わせありがとうございます。
価格や詳細、その他の質問なども気兼ねなくご連絡ください。



こちらも目白への出品より。
素早く引かれた生きている線。
迷っている時間などちっとも無かった。


伊万里染付網文盃 江戸 w6.8 h3.3cm








“花入と茶器”には、菓子皿や銘々皿ほどの小ぶりなお皿を和洋から出品予定です。

このデルフト皿は、径19cmで銘々皿としては大きめなのですが、デルフトでは少ない珍しいサイズ感です。高台造りと細やかな絵付け、そして窯印から17世紀末から18世紀前半頃と考えています。



好きな絵柄で17世紀に入るデルフトを探してみると、限られてしまい出会うにはなかなか苦労します。
この草花の幾何文様ならば東洋の器とも響き合い、長く付き合っていけるのではと思います。



日本好みの絵柄で絶妙なサイズに加えて良好なコンディション。これまでに扱ってきた中では、指折りの藍絵デルフト皿です。
目白コレクションにてご覧ください。


デルフト藍絵草文皿 17世紀末-18世紀前半 19.1cm径
Dutch delft blue and white plate








乳白ガラスに淡い草花文を描いた18世紀ドイツの角小瓶。
リキュール、ブランデーの容器ですが、以前扱った際には瓶底に香水が沈んでおり、それは香油瓶として代用されたようでした。




この種類のエナメル彩色瓶は、透明ガラスや色ガラスなど、色味も絵付けの柄も多様で本数を並べてみたりコレクションをしたくなる理由がわかります。




こっくりとした甘く不透明な乳白の硝子には、厚みと重量があり、白い陶磁器のように見てしまうことがあります。


ゆるやかな絵付け、いささか武骨な乳白硝子は、とりわけエナメル彩瓶のなかでも好きなものです。
目白コレクション“花入と茶器”にて。


エナメル彩乳白硝子瓶 ドイツ18世紀 11.5cm高
enameled glass flask 18th.c German or Bohemian






hondakeiichiro

Author:hondakeiichiro
「本田」
〒500-8068 岐阜市上太田町1-7
醸造会館1F
T+F 058-264-2980
OPEN 11:00-18:00
CLOSED on Thursday , Friday




WEB SITE|
hondakeiichiro.com



9月の休業日|







企画展 |




お問い合わせ|
keiichirouhonda@gmail.com